結局、タイムライン表示を変更したTwitter(C)GettyImages

写真拡大 (全5枚)

 Twitterは10日深夜、「タイムライン」の表示について、新しい機能を正式導入したことを発表した。“重要な新着ツイート”が、タイムラインのトップに表示されるよう設定可能になる。

 この機能は、以前よりテストが行われていたが、正式導入に対しユーザーは否定的だった。「タイムライン」という名称のとおりの、“時系列でみんなのツイートを見られる”という利便性にそぐわないからだ。さらに、「近々正式導入される」という噂が先週広まると、ジャック・ドーシーCEOみずからが導入を7日に完全否定していた。それが一転し、正式導入された形だ。

 「重要なツイート」は、「過去に返信、リツイート、いいねなどで反応したツイートやアカウント」をもとに、自動的に判断され、いくつかがチョイスされて表示される。

 この機能は、iOS/Androidアプリ、およびWebサイト版で利用可能。「設定」の「タイムライン:重要なツイートをトップに表示」で表示の有無が選択できる。現在のデフォルトは「オフ」だが、来週以降は「オン」で提供されるという。