6年振りにアウディA4が2015年2月8日にフルモデルチェンジを行い、5代目へと進化しました。アウディA4の系譜を辿ると、40年以上前の1972年に登場したアウディ80にたどり着きます。

初代アウディ80はボディ、シャシーそしてエンジンも新開発というまさにニューモデルでした。そして1978 年に登場した2代目アウディ80にアウディ独自のフルタイム4WDシステム、クワトロを採用。

続く3代目アウディ80はCd値わずか0.29に抑えられた空力性能を実現していたのです。1991年に登場した3代目には初のV6エンジンを搭載。

そして1994年に登場したモデルからモデルネームがアウディ80からA4へと変更されました。

003 004

5代目のアウディA4の特徴はクラストップレベルのCd値0.23を実現した高い空力特性とスチールとアルミのハイブリッド素材を採用した軽量ボディ。そして新しい燃焼方式の採用によって高出力と低燃費を両立させた2.0LターボのTFSIエンジン。さらに、先進の予防安全システム「アウディプレセンス」の採用という3つのポイントに絞ることができます。それではそれぞれのポイントを見てみましょう。

まずは空力特性に優れたボディです。アウディA4のボディサイズは全長4735mm×全幅1840mm×全高1430mm、ホイールベースは2825mm(2.0TFSI)となりました。

先代モデルと比較すると全長、全幅それぞれ+15mm、全高-10mm、ホイールベース+15mmとよりワイド&ローなスタイリングとなっています。ライバルにあたるメルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズと比較しても最も大きなサイズです。

そのボディサイズの拡大は、室内スペースの拡大に充てられました。室内長は17mm延長され、リアのレッグルームは23mm拡大と、どのシートに座っても広くなった室内を実感できます。

007 008

ボディは大型化したものの、ボディの素材にスチールやアルミニウムなどのハイブリッド素材を採用し、新開発した4輪5リンクサスペンションにアルミニウムを使用することにより、最大で120kgの軽量化を実現しています。

また、サイドミラーの形状にこだわるだけでなく、アンダーボディはできるだけフラットになるようにパネルが装着されています。

011 010

続いてエンジンです。アウディA4は最高出力の異なる2L直列4気筒DOHCガソリンターボエンジンを搭載しています。

FF車は最高出力140kW、最大トルク320Nm。4WDのクワトロは最高出力185kW、最大トルク370Nmを発生します。

そしてJC08モード燃費はFF車が18.4km/L、クワトロが15.5km/Lと新採用したミラーサイクル技術によって高出力と低燃費を両立させています。

組み合わされるミッションですがクワトロはSトロニックで変更ないものの、FF車はこれまでのCVTから初めてSトロニックが採用されています。

009 013

そして、先進の予防安全システム「アウディプレセンス」です。アウディA4は複数のセンサーやカメラからの情報をもとに、事故の危険を予見して、様々な形でドライバーをサポートしています。

これまでの前方衝突防止警告及び自動ブレーキの「アウディプレセンスシティ」、衝突に備えて、前方乗員のシートベルトの緩みをなくす「アウディプレセンスベーシック」、車線逸脱防止を防止する「アウディアクティブレーンアシスト」、車線変更時の安全を確保する「アウディサイドアシスト」に加えて、新たに右折やUターン時の安全を確保する「ターンアシスト」、後退時の安全を確保する「リアクロストラフィックアシスト」、停車後のドア開閉の安全を確保する「エグジットワーニング」など統合した予防安全システムに進化しました。

さらに、先行する車両を追従し自動的に加減速を自動的に行う「アダプティブクルーズコントロール」に、「アウディアクティブレーンアシスト」の車線維持機能を統合した「トラフィックジャムアシスト」は、将来の自動運転にむけての一歩進んだ機能と言えるでしょう。

006 005

アウディTTから採用したアウディバーチャルコックピットをはじめ、最新世代のMMI、対向車や歩行者に直接照射しないように車載カメラとソフトによって明るさと照射範囲をコントロールするマトリクスLEDヘッドライトなど、最新装備満載の新型アウディA4はまさにミドルセダンの革命児を言えるでしょう。

車両本体価格は518万〜624万円です。

(萩原文博・撮影:小林和久)

新型A4は軽量ボディとエンジンの改良でJC08モード燃費18.4km/Lを実現(http://clicccar.com/2016/02/12/353169/)