10日、韓国のインターネット掲示板に立ったスレッドで「本当に情に厚いのは韓国人より日本人の方かもしれない」との書き込みについて、日本ネットからは「いやいや、韓国人は日本人を過大評価しすぎだよ」との受け止めが目立った。写真は東京。

写真拡大

2016年2月10日、韓国のインターネット掲示板に立ったスレッドで「日本でホームステイをしてみると、本当に情に厚いのは韓国人より日本人の方かもしれないと感じた」との書き込みについて、日本ネットからは「いやいや、韓国人は日本人を過大評価しすぎだよ」との受け止めが目立った。

スレ主は「日本でホームステイをして感じたこと」と題したスレッドで、「韓国人が情に厚いのに対し、日本人は個人主義で他人に心を開かないというのは広く知られた定説だが、実際に日本でホームステイをしてみると、本当に情に厚いのは日本人の方かもしれないと感じた」と指摘。その理由として「ホストファミリーが自分のために韓国のお菓子やカップ麺を準備してくれていたり、帰国時にはお土産をくれた上、車が見えなくなるまでずっと手を振ってくれていた」ことなどを挙げ、「日本人の温かさは今まで持っていた日本人に対するイメージとは全く違った」とつづった。

これについて韓国のネットユーザーからは、「日本人は韓国人のマネをしているのかな?」「表面上は優しくても、長く付き合ってみないと分からないよ。そこが日本人の恐ろしいところ」との指摘もあったものの、総じて「日本人には良い人が多いよ」「日本人が情に厚いのは事実だが、韓国人がそうだというのは昔の話」「韓国人は情に厚いのではなく、干渉が多すぎる」「日本人は情に厚いというより、他人に配慮ができる」など日本人を評価する声が多かった。

一方、日本のネットユーザーからは、「日本人の持つ情と韓国人の言う情は方向性が違う」「韓国人の情けに厚いのは身内だけ」「韓国人は情に厚いのではなく、喜怒哀楽が激しいだけ」としつつも、「日本人たっていろんな人がいるからなあ。相手の出方によっても変わるし、相性もあるし、あまり期待されても困る」「韓国人の言う情に厚いって一方的に自分の主張を受け入れろということ。変に期待させて裏切られた!と騒がれるのはうっとうしい」などのコメントが付いた。(編集/長澤)