老眼鏡はもう不要の時代に突入したようです。イギリスでは老眼の人を対象とした最新のインプラント治療を発表しました。「老眼」という言葉自体が死語になる時代も、そう遠くないのかもしれません。

3,200万人のメガネ人口が期待する老眼向け最新レンズ

ご存知のように、老眼は年を重ねていくと、水晶体の弾性が失われて、調節ができなくなり、近いものにピントが合わせられなくなる現象です。一般的には40代前半で始まり、読書やスマホ操作、化粧をするときなどに困ります。

先日、英デイリー・メールが「老眼の女性はこれで化粧もちゃんとできます!」と少々失礼な見出しで、はじめて老眼の人向けの最新インプラント用「四重焦点レンズ」(QuadFocal lens)が登場したことを紹介しました。

これまでの老眼インプラント治療で最も進んでいたのは、老眼を人工の「三重焦点レンズ」(trifocal lens)に置き換えることで状態を正しくするメソッドでした。この三重焦点レンズとは近方、中間、遠方がみることができるレンズです。今回この新しいレンズはこの3つに加えて、さらに近点が加わりました。1フィート(30.48cm)離れた地点で、ぼやけないで見えるというものだったのですが、このレンズではなんと近点を5インチ(約12.7cm)近くで見てもはっきりと見えるというのです。画期的ですね。ちなみにこの最新レンズは今のところロンドン市内のLondon Eye Hospitalのみで導入されているようです。

イギリスでは、以前から老眼の視力回復技術を積極的に取り込んでいます。2014年には極小インプラントを角膜の下に埋め込んで近距離に焦点を合わせることができる“Raindrop”という三重焦点レンズを用いた老眼治療法を発表しています。当時、この手術費用は£2,495(約40万円前後)となかなかお高めでした。では、なぜこんなにもイギリスは視力回復技術にこだわるのでしょうか。

次ページ>>実は3,000万人超の「メガネっ子大国」だったイギリス!

デイリー・メールの記事によると、イギリスのメガネ使用者はなんと3,200万人。そして毎年コンタクトレンズやメガネ関連の製品に270億ポンドが消費されています。メガネ人口が多かったんですね、イギリスは。

同紙は、老眼のせいでiPadを使うときや、自分の顔を見たりするときに大きな影響があって困っていた47歳女性のコメントを紹介。「6年間の中ではじめて横にいる夫の顔をはっきりと見ることができました。それに携帯電話のフォントも小さく設定しても読めるようになりました」と喜びの声。

老眼が「簡単に治せる」というだけあって、ユーザーからの反応もちらほら聞こえます。

「眼科医がメガネをかけることをやめれば、この手術は全くリスクがないと信じたいです」「この手術を受けることを決めたよ。でもコストが問題。どうやって支払うか考えなきゃ」「リスクある手術のかわりに、コンタクトレンズをつけたほうがいいよ。片方の目に遠近両用コンタクトレンズを入れているけど、メガネなしに読めるよ。慣れるのに数週間かかるけど、いい解決方法だと思うよ」

ちなみに病院のサイトには明確な手術費用は掲載されていませんでしたが、最新の技術を駆使しているのでかなり高いでしょう。日本でも様々な老眼治療がおこなわれていますが、今回のこのイギリスの最新治療法も取り込んでいくのでしょうか。

image by: Shutterstock

source by:  英デイリー・メール

文/MAG2 NEWS 編集部

出典元:まぐまぐニュース!