10日、中国メディアの今日頭条は、中国人が日本で薬を爆買いする理由について分析する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月10日、中国メディアの今日頭条は、中国人が日本で薬を爆買いする理由について分析する記事を掲載した。

記事によれば、最も直接的な理由は「効果があること」だという。これは成分の問題というより品質の問題であると指摘した。また、ネットショッピングでは薬は購入できないことや、中国人の消費動向がメンツのためだけではなく、高い品質を求めるようになっていることも理由だと分析した。

この記事に対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国の偽物作りは世界一」
「中国人は粉ミルクすら偽物を作るのに、国は管理しないからな」

「中国は粉ミルクですら信用できないのに、薬を信用できるわけがない」
「日本の薬の品質が良いのは偽薬がないから」

「日本で爆買いするのは、日本の品質が安心で、日本人の誠実さを信用しており、日本人のサービスに満足しているからだ」
「中国は世界で唯一、自分の子孫を害している国」

「中国の指導者と企業家にはよくよく反省してもらいたい。中国にはいったい何が欠けているのか。それは品質、信用、誠実さだ」
「ワクチンすら偽物を作るんだ。同じお金を払うんだったら偽物を買いたいと思う人などいないよ」

「日本人は顧客をだまさないが、中国人は世界中で人をだましている」
「薬は病気を治すためのもので、人をだますためのものではない」(翻訳・編集/山中)