[AFCフットサル選手権]3連覇を目指す日本代表はFP渡邉のゴールで白星発進!

写真拡大

[2.11 AFCフットサル選手権GS 日本 1-0 カタール タシュケント]

 AFCフットサル選手権は11日、大会2日目を迎えた。フットサル日本代表はフットサルカタール代表と対戦し、1-0で勝利した。

 大会3連覇を目指す日本は、序盤からボールを保持するものの守備を堅めるカタールの守備を崩しきれない。それでも前半16分には右サイドを突破したFP逸見勝利ラファエル(ベンフィカ)からのシュート性のボールを、ゴール前でFP渡邉知晃(大連元朝足球倶楽部)がヒールキックで合わせて1点を先制する。

 前半を1点リードで折り返した日本は後半も攻めるが、初戦の難しさからか単調なボール回しが多く、追加点を挙げられない。ケガ明けのFP星翔太(バルドラール浦安)のシュートが左ポストをたたく場面もあったが、攻撃面では課題の残す結果となった。

 何度かカウンターを受ける場面もあったが、GK関口優志(エスポラーダ北海道)を中心に守り切って1-0で勝利。日本代表の2戦目は、13日の16時半にキックオフを迎える。

(取材・文 河合拓)