Doctors Me(ドクターズミー)- 【もっと教えてドクター!】愛犬のおしっこがいつもと違うんです。

写真拡大

Doctors Me編集部です。

犬を飼っている方にとって、愛犬は家族同然。体調がいつもと違うと心配ですよね。
Doctors Meにも愛犬のおしっこの頻度について相談が寄せられました。


Q.相談者からの質問
おしっこをあまりせず1日1回か2回です。するときは凄くいっぱいしますが朝から次の朝までしないときがあり心配です。


出典:Doctors Me獣医師への質問




A.医師からの回答
マーキングせずに排尿をしている場合、1日に1〜2回でも特に心配はいりません。特に冬場はワンちゃん達も飲水量が減ることが多く排尿回数も少なくなる傾向にあります。


出典:Doctors Me獣医師への質問




トイレの回数は健康状態を見るときに気になるポイントかと思います。

今回は犬のおしっこが多い / 少ないときに気をつけたいことを獣医師にもっと深く聞いてみました。

一般的に正常なトイレ回数って?

ここからはDoctors Me獣医師が「愛犬のおしっこの回数が多い・少ないときに気を付けること」についてお答えします。

はじめに犬の正常なおしっこの量は、体重1kgに対して1日20〜40mlで個体差はあるものの、この量を2〜6回に分けて排尿します。

では、おしっこが多い時と少ない時に気にしたいこと、疑われる病気など挙げていきましょう。

おしっこが多いときに、気をつけること

おしっこが多いことを、総称して『多尿症』と言います。

排尿回数が増えて、尿の色は薄くなり水っぽくなります。
多尿症は以下のようなときに現れます。
・腎臓の血管が収縮して血圧が高くなったとき
・腎臓への化学的な刺激が加わったとき
・ホルモンの分泌が過剰なとき
など。

多尿症となる例として挙げられる病気をお伝えします。
・糖尿病
・慢性腎不全
・子宮蓄膿症
・甲状腺機能亢進症
など

ここに挙げた病気は高齢犬に多い病気です。
おしっこが多くなる以外にも飲み水の量も増え、病気によっては食欲不振や皮膚の症状などさまざまな変化が見られます。

多尿症では、おしっこは色が薄くなるものの濁ったり、匂いの異常を起こすものは少ないです。
※糖尿病の場合、尿糖のため甘い臭気が感じられることもあります。

おしっこが少ないときに、気をつけること

おしっこが少ないときについてです。ここでは「排尿の仕方」に注目してみていきましょう。

1. おしっこが出るまでに時間を要し少しずつ、痛そうに排尿している場合
以下の病気が疑われます。
・膀胱炎
・尿道炎
・包皮炎
・尿路結石
・腹膜炎 など

2. 1回のおしっこの量は多くなく、むしろ少ない。でも頻繁に排尿する…という場合
疑われる病気は以下のものがあります。
・急性膀胱炎
・尿道炎
・前立腺炎
・膣炎 など

膀胱機能が亢進し、おしっこの回数が増えるため以下の症状で現れることもあります。
・腎炎
・腎盂腎炎

3. 頻繁な排尿(量は少ない)に加えて色が濁っている場合
上記でお伝えした病気と同様の病気が疑われます。
男の子であれば「前立腺肥大」や「前立腺腫瘍」なども疑われます。

4. おしっこが出なくなってしまった
何らかの原因で体内の水分が失われたり、血圧の異常低下を招いた場合に起こる症状です。以下の病気が疑われます。
・急性腎炎
・ネフローゼ
・心不全
・レプトスピラ症
・日射病
・熱射病
・重度の「胃腸障害」(おう吐、下痢)など

他にも腎臓は正常に機能していても、結石などにより物理的に尿管が詰まっておしっこが出なくなることがあります。排尿が少なくなると、結果として体内の毒素を外に出せないため尿毒症を起こすことがあります。

量のほかにも気をつけることって?

おしっこの出かた(多い/少ない)にかかわらず、おしっこの色も重要になってきます。

例をお伝えします。
【薄い色のとき】
腎臓に何か問題が起きていると考えられるので注意が必要です。

【血尿】
腎臓病や玉ねぎ中毒、膀胱炎、結石などの疑われます。

【濃い黄色のおしっこ】
肝臓病の可能性もあります。

最後に獣医師からアドバイス

おしっこの多い/少ないと言っても詳しく観察してみると実にさまざまです。
加えて色や臭いも合わせて考えると「おしっこ」ひとつからでも色々なことがわかってきます。

言葉をしゃべれない愛犬の健康状態を知るために、尿がいつも通り出ているか、量や回数、色、臭いに変わりはないかを観察して、健やかな毎日のためにおしっこを一つの目安として活用してみてはいかかでしょうか。

(監修:Doctors Me 獣医師)