10日、AP通信によると、クラッパー米国家情報長官は9日、中国が南シナ海での海洋進出を今後も進めていくとの見方を示した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月10日、AP通信によると、クラッパー米国家情報長官は9日、中国が南シナ海での海洋進出を今後も進めていくとの見方を示した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

クラッパー米国家情報長官は9日、上院軍事委員会の公聴会で、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は昨年秋に米国を訪問した際、南シナ海における中国の活動について軍事拠点化する意図はないと述べたにも関わらず、軍事化を進めていると述べた。中国は滑走路を建設し、民間機の試験飛行を行うなどの活動を続けており、今後も活動を続けていくだろうとの見方を示した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「米国に本当の大統領が就任するまで、中国の活動は続くだろう」

「次に来る大きな台風が、中国の動きを止めることになるだろう。ゆっくり座って何が起こるか見ていればいいよ」

「大きな波が中国の砂の城を崩してしまわないことを願うよ。恐ろしいことになるだろうからね」

「中国は南シナ海から出て行くべきだ!小型砲艦と優秀な海軍を出動させる時が来た」

「中国には友好国がいないね」

「何とかしなければならない!ドナルド・トランプ氏の出番だ!」(翻訳・編集/蘆田)