【プレビュー】3連覇&W杯出場権獲得に向けて大事なカタール戦《フットサル日本代表》

写真拡大

▽フットサル日本代表は11日、AFCフットサル選手権初戦のフットサルカタール代表戦に臨む。今大会の上位5チームには、今年コロンビアで行われるフットサルワールドカップの出場権が与えられる。大会3連覇を目指す日本にとって、重要な大会の幕開けだ。

◆難敵との対戦

▽初戦で対戦するカタールは、グループステージで一番の難敵と言える存在。ブラジルから帰化した選手が複数選出されており、高い個人技を軸に戦うことが予想される。日本代表選手たちもカタールを警戒しており、カタールリーグでのプレー経験があるFP星翔太(バルドラール浦安)は「そういう選手たち(帰化選手)がほとんどの時間をプレーするようなチーム」との印象を語った。

▽またキャプテンを務めるFP滝田学(ペスカドーラ町田)は「未知数な部分もあり、シビアな戦いになる」とコメント。エースのFP森岡薫(名古屋オーシャンズ)は、「コロンビアよりは格下」としながらも、「親善試合ではなくワールドカップが懸かった試合」とモチベーション高く挑んでくるであろう相手を警戒した。

◆万全の状態で初戦へ

▽難しい相手との初戦を迎える日本代表だが、今年に入って名古屋合宿、コロンビア代表との国際親善試合2試合、千葉合宿と、今大会に向けて万全の準備を進めてきた。

▽名古屋合宿で負傷した星は順調な回復を見せており、千葉合宿では練習に部分合流。本人も「スタッフを信じて取り組めば、カタール戦に間に合う」と語っており、コンディション面での不安要素はなくなりつつある。

▽メンタル面に関しても、FP小曽戸允哉(シュライカー大阪)が「厳しくなったときでもこれだけまとまって戦えれば、アジアのレベルで自分たちに勝てるチームはいない」と言うように、前回大会の王者として自信を持って大会に臨めそうだ。

▽フットサル日本代表がW杯出場権と大会3連覇に向けた重要な初戦は、11日20時30分にキックオフ!! NHK-BS1でも20時20分から生放送される。