中国を訪れたことのある人ならば、中国では道路の「信号」が日本ほど機能していない様子を見たことがあるだろう。中国人は横断歩道が赤信号でも、車が来ていてなければ平気で渡ってしまう。歩行者優先の日本と違い、中国は車優先の社会であるため、赤信号で横断歩道を渡るのは恐怖を感じることもある。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国を訪れたことのある人ならば、中国では道路の「信号」が日本ほど機能していない様子を見たことがあるだろう。中国人は横断歩道が赤信号でも、車が来ていてなければ平気で渡ってしまう。歩行者優先の日本と違い、中国は車優先の社会であるため、赤信号で横断歩道を渡るのは恐怖を感じることもある。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れたことのある中国人は「日本人の民度の高さと礼儀正しさを知っているはず」と伝える一方、中国で「日本の社会は秩序があり、赤信号を無視して横断歩道を渡る日本人はいない」などとする主張があることについては不満があるようで、日本人だって実際には赤信号でも道路を横断するなどと論じた。

 記事は、日本ではいたるところで行列が出来、さらに歩行者がしっかりと信号を待っているような場所では「警察がいるのだ」と主張し、数々の写真を掲載。交通量の多い場所で撮影された写真の数々には確かに交通整理のスタッフの姿が写されており、「こうした人員がいるからこそ、日本人は信号無視をしないだけである」などと主張。

 続けて、中国で日本人の民度が高く評価されていることや、中国人が日本人と同様の民度を身につけるには1世紀かかるなどといった主張があることに不満を示しつつ、「日本人が信号無視をしないのは交通整理のスタッフによって管理されているだけである」とし、それは日本人の民度の高さを示すものではないなどと反発した。

 一方、記事には中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられており、「日本人が信号無視をするとしても、中国人の民度より高いのは事実」、「日本では車1台分の横断歩道ですら、信号が青に変わってから渡りはじめた日本人を見た」といった反論が多く見られた。やはり中国では日本人の民度は「少なくとも中国人より高い」という認識が一般的のようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)