清原和博

写真拡大

 麻薬に溺れた著名人たちが、一方で交際相手にも依存を強めていた話が相次ぐ。覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者もそのひとりだといい、交際相手の女性に対しても週刊誌記者の取材攻勢が及びそうだ。実際、すでに女性宅を張り込んでいる記者もいるという。

「一緒にクスリをやっていたのであれば同時に逮捕されているでしょうから、それはないとしても、言動がおかしくなっていた清原の姿は、間近で見てきたはず。一説には清原のドラッグ依存を見かねて警視庁に情報提供をしたひとりという可能性もあるそうです」と週刊誌記者。

 清原容疑者は1月7日、フジテレビの情報番組『バイキング』に生出演、占いタレントのゲッターズ飯田から「10年ぶりくらいの大きなモテ期」と言われたが、本人は「好きな人、いますよ」と、すでに年下女性の恋人がいることを明かしていた。

 番組スタッフによると「出演後に、共演者から恋人について詳しく聞かれて、気軽に答えていた」という。

「銀座のクラブで働きながら大学に通う20代前半のハーフ女性で、シングルマザーだとか。かなりの年下なのに、清原さんは『何度もプロポーズしているんだけど、なかなかOKしてもらえない』という感じのことを言って、苦笑いしていた」とスタッフ。

 これが事実なら、“球界の番長”がプライドを捨てて女性に求婚していたことになるが、実は清原容疑者には、似たような話が過去にも聞かれていた。

 清原容疑者が少し前まで通っていた別の銀座のクラブには、筆者も昨年、取材済みだった。ここには清原容疑者が既婚時に不倫のウワサがあった別の女性が勤務していたのだが、同店の関係者によると「清原さんがその女性に『頼むから俺を捨てないでくれ』みたいなことを言っていたのを聞いた」というのだ。

 女性は清原容疑者の逮捕後に姿を消してしまい、話の真偽は確かめられないが、清原容疑者が薬物に溺れる一方で、常に交際相手にも依存していた様子がうかがえる。

 これについて、心理カウンセラーの野村高一氏は「薬物依存に陥るのは、心の弱さや現実逃避からくることが多いので、自然と自分に優しい異性への依存度も比例して高まる傾向がある」という。

「ただ、相手からすれば薬物を一緒に使用しようと誘われることも多く、応じなくても犯罪事実を目の当たりにしてしまう。当人が逮捕されれば、警察に事情を聞かれるなどして日常生活が脅かされる最悪の展開に陥ることも多い」(同)

 2014年5月、薬物使用などで逮捕された歌手のASKAも、妻とは別の女性と“薬物不倫”していたことが明らかになった。さらに昨年7月、覚せい剤使用などで逮捕(後に有罪判決)された元ZOOのCAPこと坂井俊浩も、交際女性と一緒に立件されている。この交際女性はタレント活動をしていたが、周囲にはちょうど逮捕当日に入籍予定だったことを漏らしていた。

「坂井がやたらと結婚を急いでいたと聞いていました。当初は一定の貯金ができたらということだったのに、彼に『君を離したくない』と早い入籍を求められたとか」(女性の仕事関係者)

 清原容疑者の女性に対する執着と共通する話だ。薬物事件では容疑者が家族や交際相手らを巻き込んで苦しみが広がるケースも少なくないが、著名人の事件も例外ではないのだろう。
(文=片岡亮)