10日、AP通信によると、日本政府は同日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射したことに対する独自の制裁を発表した。資料写真。

写真拡大

2016年2月10日、AP通信によると、日本政府は同日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射したことに対する独自の制裁を発表した。

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、北朝鮮が核実験や長距離弾道ミサイル発射を実施したことに対する日本独自の制裁措置を決めたことを明らかにした。制裁措置には、日本から北朝鮮への渡航の自粛要請や北朝鮮籍者の日本への入国の原則禁止などが盛り込まれている。また、拉致被害者問題の解決に向けた北朝鮮との対話の窓口は開いたままであると述べた。

この報道に、米国のネットユーザーは、「本当に?なんていう冗談だ!制裁措置なんかで、あの太った指導者の核ミサイルへの欲望を止められる訳がない」「日本が制裁措置を行うだって?放射能汚染水を送るのか?」「ミサイルが発射された後に、制裁して世界を救えるのか?」といったコメントを寄せている。(翻訳・編集/蘆田)