10日、四川在線によると、春節を迎えた中国で交通量の増加とともに、高速道路でのマナー違反が再び問題となっている。

写真拡大

2016年2月10日、四川在線によると、春節(旧正月)を迎えた中国で交通量の増加とともに、高速道路でのマナー違反が再び問題となっている。

【その他の写真】

中国では春節に合わせて旅行を計画する人が数多くいるが、その影響から各地で深刻な渋滞が起きている。四川省の雅西高速道路では、9日から旅行者による混雑のピークを迎えた。これにより、サービスエリアが満杯状態となり、中に入れなかった多くの自動車が緊急車両専用レーンに違法駐車。ドライバーは車外に出て休憩をとるという事態になっている。

さらに問題になっているのがごみのポイ捨てだ。ドライバーたちは、休憩中に食べた物の包装やティッシュなどのごみを路肩に投げ捨てている。パトロールしている交通警察が注意しているが、中には警察に対して罵声を浴びせる人もいるという。こうした事態に、中国のネットユーザーからも「民度が低過ぎ」「逮捕しちゃえよ」といったあきれた様子のコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)