サンフランシスコ「スーパーボウル観客100万人」の誤算

写真拡大

第50回スーパーボウルの期間中、3万5,000ほどしかホテルの部屋がないとされるサンフランシスコに、約100万人が訪れると推定された。Airbnbではかなりの高値で家や部屋が提供された。

including countless numbers of people spending a grand a night to sleep in the tenderloin! @Airbnb #freemarkets pic.twitter.com/5RfcV9VVJh

「サンフランシスコ「スーパーボウル観客100万人」の誤算」の写真・リンク付きの記事はこちら

― ಠ_ಠ (@MikeIsaac) 2016, 2月 4

2月7日(米国時間)に開催された第50回スーパーボウルの期間中には、約100万人がサンフランシスコを訪れると推定されていた。サンフランシスコのホテルをすべて合わせても、3万5,000ほどしか部屋がない。そこで、起業家精神あふれる一部の市民は即座に計算し、Airbnbで自分の部屋や家を賃貸すれば大儲けできると考えた。

サンフランシスコのテンダーロイン地区では、1泊1,000ドル超の部屋がいくつも提供された。サンフランシスコから近いとは言えないスーパーボウルの会場「リーヴァイス・スタジアム」から10分の場所にある3ベッドルームの家には、5泊で約2万5,000ドルという価格が付けられた。

Airbnbが2月1日に掲載した事前見積もりによれば、スーパーボウルのファンを含む1万5000人以上が、サンフランシスコ・ベイエリアにあるAirbnbホストの部屋や家に宿泊するとされた。これは、アリゾナ州フェニックスで開催された2015年スーパーボウルの時の4倍にあたる数字だ。

ただし、ビヨンド・プライシングの共同創業者イアン・マクヘンリーは、実際にはすべての人が大儲けできたわけではないと述べる。ビヨンド・プライシングは、Airbnbのホストに適正な賃料を計算するためのサーヴィスを提供している。

ビヨンド・プライシングのデータによれば、スーパーボウル直前の短期賃貸のリストは最大9,000件に達したが、実際の利用率は52パーセントだったという。1年前のスーパーボウルでは67パーセントだったと、マクヘンリー氏は話す。

スーパーボウル会場の周辺では通常、ホテルの部屋がナショナル・フットボール・リーグ(NFL)によって買い占められるため、宿泊料が高騰する。これが報道されると、人々は自分のアパートの部屋や家に同じような高値を設定し始める。マクヘンリー氏によれば、便乗するホストがあまりに多くなるため、結局、供給過剰に陥る傾向があるという。

スーパーボウルが近付くと、NFLが必要としない部屋がキャンセルされ、宿泊が可能になる。人々がAirbnbなどのプラットフォームで宿泊先を探し始めるのはちょうどこの頃だ。

さらに、今回はベイエリアの地理的な条件が原因で、ほとんどの人が計算を間違えていたと、マクヘンリー氏は指摘する。

今回のスーパーボウルでは、関連イヴェントの大多数がサンフランシスコを会場としていたが、試合自体は南に1時間のサンタクララで行われた。ベイエリア全域を対象にすれば、ホテルの部屋数は10万前後まで跳ね上がる。

しかも、スーパーボウルのためにサンフランシスコを「訪れた」約100万人の大部分は、おそらくもともとベイエリアの住民だと、マクヘンリー氏は推測している。

関連記事:「ホテルにはAirbnbにはないホスピタリティがある」:アンダーズ 東京、6月11日虎ノ門ヒルズにオープン

TAG

AirBnBHotelSuperbowlWIRED US