フットサル日本代表、3分でわかるアジア3連覇&ワールドカップへの道

写真拡大

本日10日に開幕した、AFCフットサル選手権2016。今回で14回目を迎えるアジアのフットサルNo.1決定戦だ。

日本代表はといえば、ここ2大会を連覇中。つまり、前回王者として、明日11日の初戦に臨む。

また、今大会は9月にコロンビアで開催されるワールドカップのアジア予選を兼ねており、なんと『NHK BS1』で日本戦全試合を生中継!

そこで大会情報、そして日本代表チームについて簡単にまとめてみた。

開催地は?

ウズベキスタン。

首都タシュケントの2会場(ウズベキスタン・スタジアムとユニヴァーサル・スタジアム)で試合が行われる。

参加チームは?

16チーム。

4チームずつに分かれてグループステージを戦い、上位2チームがノックアウトステージへ進出する。

日本の対戦相手は?

グループステージで対戦するのは、カタール、マレーシア、オーストラリアの3チーム。

大会連覇中の日本はグループ分けのポットで当然最上位。よって対戦順も下位のチームから当たる。

日本代表のスケジュール

11日(木・祝) カタール戦(20:30〜)
13日(土) マレーシア戦(20:30〜)
15日(月) オーストラリア戦(20:30〜)
17日(水) 準々決勝
19日(金) 準決勝
21日(日) 3位決定戦/決勝

※右カッコ内がキックオフの日本時間。

ワールドカップ出場枠は?

アジアは5枠。

準決勝に進んだ4チーム、そしてベスト8敗退組による5位決定プレーオフを制した1チームがワールドカップへの切符を手にする。

日本の3連覇を阻むライバルは?

ここ2大会決勝で対戦しているイランとタイ、そしてベスト4の常連である開催国ウズベキスタン。日本とともにポット1に入っていた3チームだ。

ただ、フットサルにおける日本の宿敵はやはりイラン。AFCフットサル選手権で日本は過去3回(2006、2012、2014)優勝しているが、残り10回を制しているのがイランである。

前回決勝では、2-2、PK戦3-0で辛うじて勝利した。

今大会の日本代表メンバー

監督
ミゲル・ロドリゴ

GK
1 関口 優志(エスポラーダ北海道)
2 田中 俊則(府中アスレティックFC)
12 藤原 潤(バルドラール浦安)

FP
3 室田 祐希(エスポラーダ北海道)
4 酒井 ラファエル 良男(名古屋オーシャンズ)
5 吉川 智貴(マグナ・グルペア/ESP)
6 小曽戸 允哉(シュライカー大阪)
7 逸見 勝利 ラファエル(ベンフィカ/POR)
8 滝田 学(ペスカドーラ町田)
9 森岡 薫(名古屋オーシャンズ)
10 仁部屋 和弘(バサジィ大分)
11 星 翔太(バルドラール浦安)
13 渡邉 知晃(大連元朝/CHN)
14 西谷 良介(フウガドールすみだ)

注目選手は?

Fリーグ最優秀選手4回の“点取り屋”森岡、2012年にAFC年間最優秀フットサル選手に選ばれた“天才”逸見、パワープレーといったらこの人ベテランの小曽戸などたくさんいるが、その中でも今大会は昨年4月に帰化が承認され日本代表に加わった、「ラファエル・サカイ」こと酒井に注目。

左利きらしい技術の高さに加え、勝負に対する執着心など内面を含む“強さ”が持ち味。ゲームの流れを読む力にも長けており、味方にとって頼もしい、相手にとっては非常に嫌らしい選手である。

ちなみに、大会直前に行われた親善試合コロンビア戦では、ファーストセットが滝田、逸見、吉川、森岡、セカンドセットが酒井、仁部屋、西谷、渡邉だった。11日間で6試合を戦う今大会でもこれをベースにしながらメンバーを組んでくることが予想される。