展覧会「六本木クロッシング2016」開催 - 20組のアーティストが探る、世界と自分との新たな関係性

写真拡大

展覧会「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」が、2016年3月26日(土)から7月10日(日)まで、東京・六本木ヒルズ森タワー53階の森美術館で開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会シリーズとして、2004年以来、3年に一度の頻度で開催されてきた「六本木クロッシング」。5回目を迎える今回は、日本、韓国、台湾のキュレーターが恊働し、20組のアーティストを選出。バラエティーに富んだ表現方法を通して、今日の社会とアートについて考察していく。

沖縄の人々や風景に、ときとして撮影者と被写体の境界を超えるほど接近する石川竜一や、自らの姿とその分身のような人形を重ねあわせる片山真理、取材した人の身体の一部や所持品をモチーフに絵画を描く松川朋奈。彼らは、自己と他者の境界を踏み越えて行くような表現を通して、「自分」を定義する身体性やアイデンティティを表現する。

ほかにも、アラン・レネ監督の『ヒロシマ・モナムール』へのオマージュとして広島を舞台にした映像を撮るジュン・ヤンや、神話や音楽に現れるホモセクシャリティのイメージを拾いあげ、現代の問題に重ねながら幻想的なフィクションを作り上げるミヤギフトシら個性的な面々による作品の数々が展示される。

個の事象やストーリーにスポットを当てる作品を制作しているアーティストたちのまなざしを通して、歴史や身体、性、風景についての新たなイメージを描き出す本展。まるで過去と未来、自己と他者が交錯するような感覚を味わいながら、それぞれの作品の世界観を堪能してほしい。

【開催概要】
「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」
開催期間:2016年3月26日(土)〜7月10日(日)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
開館時間:10:00〜22:00(火曜 10:00〜17:00)
※ただし5/3(火・祝)は22:00まで。
※いずれも入館は閉館時間の30分前まで。
※会期中無休
入館料:一般 1,800円、学生(高校生・大学生) 1,200円、子供(4歳-中学生)、シニア(65歳以上) 1,500円
※価格は全て税込み。
※本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可(屋上 スカイデッキを除く)
企画:
・荒木夏実(森美術館キュレーター)
・キム・ソンジョン(Samuso ディレクター、アートソンジェセンターキュレーター)
・小澤慶介(キュレーター/特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])
・ウー・ダークン(台北国際芸術村ディレクター)

<参加アーティスト>
ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、藤井 光、後藤靖香、長谷川 愛、石川竜一、片山真理、小林エリカ、ナイル・ケティング、松川朋奈、ミヤギフトシ、毛利悠子、百瀬 文、西原 尚、野村和弘、佐々 瞬、さわひらき、志村信裕、高山 明、山城大督、ジュン・ヤン
※アルファベット順

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)