ライヒヴァインの勇気と優しさの学校:『ヒトラーに抵抗した人々』著者・對馬達雄に訊く

写真拡大

これまでの評価基準とは異なる教育とは何か? 『ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か』の著者、對馬達雄先生が語る、ライヒヴァインという教育学者から学ぶこと。

「ライヒヴァインの勇気と優しさの学校:『ヒトラーに抵抗した人々』著者・對馬達雄に訊く」の写真・リンク付きの記事はこちら

TATSUO TSUSHIMA|對馬達雄
1945年生まれ。教育学博士。秋田大学教育文化学部長、理事・副学長などを歴任し、現在は名誉教授。東北大学大学院教育学研究科博士課程中退。著書に『ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か』<中公新書>や『ドイツ 過去の克服と人間形成』<昭和堂>、共訳書に『反ナチ・抵抗の教育者──ライヒヴァイン 1898‐1944』<昭和堂>など。

昨年11月、『ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か』と題された本が出版された。そこに描かれているのは、ヒトラー独裁に至る当時のドイツの経済情勢と、ナチ体制の経済的受益者としてヒトラーを支持した国民たちの姿、そして、自らの意思に基いて、命を顧みずヒトラーに抵抗した、さまざまな市民たちの勇気に満ちた活動内容と、その遺族たちの戦後だ。

わたしたちが本書に出合ったのは、最新号「音楽の学校」特集の製作まっただ中、音楽を通して「これからの教育」をとらえようとしていたときだった。

関連記事音楽にぼくらは勇気を学ぶ──Vol.21特集「音楽の学校」に寄せて

本書のなかでもとりわけ心に大きく響いたのは、元政治家や官僚、弁護士、聖職者たちからなる反ナチ活動グループ「クライザウ・サークル」の一員であり、教育学者であったアドルフ・ライヒヴァインが、終戦間際に処刑される直前、11歳の娘にしたためたという「最期の手紙」の一節だった。

いつでも人には親切にしなさい。
助けたり与えたりする必要のある人たちにそうすることが、
人生でいちばん大事なことです。
だんだん自分が強くなり、楽しいこともどんどん増えてきて、
いっぱい勉強するようになると、
それだけ人びとを助けることができるようになるのです。
これから頑張ってね、さようなら。
お父さんより

そうか、学ぶことというのは、そういうことだったのだ。すとんと腑に落ちた。自分が子ども時代にこの言葉を聞いていたら、もっと目的意識高く勉強に取り組めたかもしれない…などと、恥ずかしくも不毛な恨めしさを感じたと同時に、人間にとって、学びというものが人生のエンドレスな営みなのだとすれば、この言葉は、わたしたち大人がこれから生きるうえでも大きな指標になると、勇気が湧いた。そして興奮したわたしたちは、著者である對馬達雄氏先生に会うため、先生の住む岡山・倉敷へと急いだのだ。

──これからの教育を考えたとき、従来のカリキュラムや評価制度に変わる、新しい価値基準が必要なのではないかと感じます。對馬先生は、教育学者でいらっしゃると同時に、長年にわたってドイツの歴史、とりわけナチズム研究に携わっていらっしゃいますが、先生をこの研究に突き動かしたものとは何でしょうか。

まず、『ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か』もほかの著作にしても、わたしの研究活動というのは古色蒼然としていて、未来の教育なるものを語ることができるかどうかわかりませんが、わたしを反ナチ活動の研究に突き動かしたものが何かと聞かれれば、彼ら反ナチ主義を掲げて戦った、“普通の人々”の勇気とはなんだったのか、そして、彼らはどんなふうにあの時代を生きたのか、ということです。それは決して、あの時代特有のことではないとわたしは考えています。彼らの活動にいまも学ぶことがあるはずで、それを考えてもらいたいという思いから、本書を書きました。

もうひとつは、ナチス経済についての正しい論述がほとんどないということです。考えてみれば、単なるイデオロギーで、国民大衆が12年間もの間、非道な独裁者に対して万歳するなんてありえないのです。統治の手法として、そこには「ニンジン」が必要で、それは人間の本性を突いているとも言えます。ヒトラーは、そういうものを巧みに操作し、徹底的な利をもって国民を操ったのです。

──経済回復という目先の利益が最大限に優先された、ということですね。

そうです。国民の大多数は、ヒトラーの経済政策に大きな期待を寄せ、彼を支持した。つまりあれは、「国民の同意による独裁」だったということを忘れてはいけません。

──そのなかで、本書で詳しく触れられている代表的な反ナチ活動グループ「クライザウ・サークル」は、どのような思想をもった集まりだったのでしょうか。

彼らは、官僚や元政治家、教育学者、聖職者といった社会的エリートでした。その多くは国際人で、ヒトラー・ドイツではない「もうひとつのドイツ」の実現を目指していました。「クライザウ・サークル」の教育部門を率いたアドルフ・ライヒヴァインも然りです。彼は、ワイマール時代からナチ政権に向かうドイツのなかで興った新しい教育運動を熟知していたひとりで、非常に先端的な教育思想のもち主でした。ナチが政権を取る以前の1926年の1年をかけて、ドイツ文部省から派遣されて単身世界旅行を敢行し、日本はじめ、中国やフィリピンも訪れています。世界を知っていたのです。

彼はヒトラーが政権を取るころまで、ハレにある教育大学で経済を教えていましたが、その後、社会民主主義者であるとして、大学での教職を追われることになります。しかし彼は、亡命の機会を蹴ってドイツに残ることを選択し、ベルリン近郊のティーフェンゼーという農村で、たった40人の単級学校の先生になりました。

知識の詰め込みよりも体験学習や創作活動を重視したライヒヴァインの授業では、ナチ政権の監視下にもかかわらず、自然観察やプロジェクト学習、見学旅行などが行われていたという。
PHOTO:AFLO

──彼はそこで、どんな教育を実践したのでしょうか。

ナチ教育、とくにそれを代表するヒトラーユーゲントの原則を一言で言えば、金太郎飴的人間、つまり没個性の人間を再生産することです。男の子は民族共同体を守るための兵士として、女の子は子沢山な民族の母として、取り替え可能な部品のごとく教育されました。

一方、ライヒヴァインは、ナチの厳しい監視の目を巧みなカモフラージュでかわしながら、ティーフェンゼーで理想の教育を追求しました。その活動の記録は、とくに2冊の本にまとめられています。ひとつが1937年の『創作する生徒たち』、そして翌年の『学校の映画』です(ここでも彼は、叙述表現に最大限の偽装言語=ナチ用語でカムフラージュしている)。

ライヒヴァインは、知識の詰め込みに熱心な教育者ではありませんでした。代わりに彼は、芸術やメディアを盛んに取り入れたプロジェクト学習や、課外活動に力を注ぎました。単級学校ゆえの必要に駆られてという部分もありますが、上級生が下級生を教える異年齢グループによる助教方式も採用しています。学習の仕上げとして、上級生全員参加の2週間におよぶ自転車旅行も敢行しました。ナチ政権の監視下にですよ。ここで学んだ子どもたちの学力は、概してよかったようです。彼のこのメソッドは、いまのドイツの教育にも受け継がれています。

──こうした教育を通して彼が究極的に目指したものとは、なんだったと思われますか?

狭い村社会を超えた、開かれた世界を子どもたちと共有し、自分で考えることができる人間、すなわち、主体的自己を育むことです。彼は、「学校とは、学童が互いに、人格的に密にかかわりあう生命体である。そして、弱者をいたわり支え合うことが、社会連帯的な隣人関係を培うために重要なのだ」と説いています。

1939年にライヒヴァインは、政治的抵抗者となるべくティーフェンゼーを去りますが、そのとき彼は、生徒たちにこんな素敵な言葉を残しています。

いつもしっかりと、たじろがず、みずから選んだ目標に思いを凝らせ。真心を指針とし、静けさの中で方向を定めよ。みずから鍛えた意思こそが、君を強くし、ゆるぎなく、人生をかたどっていく。より大きな美徳によってこそ、人生のきびしさが和らげられる。すべての人間の善意こそが、真理をあらわす。他者の欠点をあげつらわず、できることのみを欲せよ。

つまり、ライヒヴァインたちが生きた、あの混沌とした時代の技術社会で人間が生きていくためには、何よりも自律的で、自分をよく知る人間であることが重要なのだ、と言ったのです。

──そしてやはり、ライヒヴァインが娘レナーテに遺した手紙には、胸を打たれました。子どものころ、大人たちに「勉強しなさい」と言われて「なぜそうなのか」と問い返しても、なかなか有効な答えがもらえずにいた記憶があります。なぜ勉強して、賢くならなければいけないのか? そうすることで人を助けることができるからだ、と。未来に受け継ぎたいすごい言葉だと思いました。

そうですね、わたしも原文を翻訳しながら、涙が止まりませんでした。複雑さが肥大し、混沌が増す現代においても、そのインパクトは色褪せません。

ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か』<中公新書>
第二次世界大戦前夜、経済復興を唱え、不況にあえぐドイツ国民の心を巧みにつかんだヒトラーが独裁政権を樹立する。そんななか、大多数の国民に支持されたナチ政権に疑問をもち、立ち向かっていった名もなき人々がいた。反ナチ市民の生き様と、彼らの勇気を学ぶ1冊。

對馬達雄選・教育の本質に迫るブックガイドも収録!
『WIRED』VOL.21「Music / School 音楽の学校」

Amazonで購入する>>

音楽家を育てるだけが音楽教育ではない。文化として、ビジネスとして、音楽をよりよく循環させる「エコシステム」そのものを育てることが、「音楽の学校」の使命なのだ。ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンが生んだ、音楽の未来を救う学びの場、アデルやエイミー・ワインハウスを輩出した英国ブリットスクールの挑戦。知識や技術を詰め込むだけではない、これからの学校のあり方を、音楽の世界を通して探っていく。
特集の詳しい内容はこちら。

TAG

Author InterviewEducationFutureHistoryInterviewWIRED JAPAN