クリーンディーゼルをはじめとする環境技術が欲しかったスズキと、ASEANエリアでの販路を奪い取りたかったフォルクスワーゲンの両社による提携(2009年)は、思惑の不一致から2011年に業務提携解消に向けて動き出していましたが、ついに解決したと発表がありました。

2011年11月に国際商業会議所国際仲裁裁判所に、仲裁を申し立てしてから4年半。2016年2月10日、ついに和解が成立したということです。

和解の内容は次のように発表されています。

VWが損害賠償請求を取り下げ、当社がVWに対し、本件の和解金として一定の金額を支払うことを内容としています。
(注: 和解金額を含む和解内容の詳細については、VWとの契約により開示を控えさせて頂きます。)

VW-SUZUKI

なお、和解金については、業績に与える影響は軽微であることも発表されています。

こうして身辺整理のできたスズキ、はたして独立系として生き残るのか、それとも新たな提携を模索するのか、業界再編のキープレイヤーとして、まだまだ目が離せません。

(山本晋也)

【関連記事】

提携解消に至ったVWとスズキのリアルな舞台裏とは?
http://clicccar.com/2015/09/01/324316/

世界販売4年連続首位のトヨタ、スズキとの協業を模索か?
http://clicccar.com/2016/01/28/351527/

VW、ピエヒ会長が辞任!現社長との確執が原因か?
http://clicccar.com/2015/04/29/305227/

SUZUKIが米国で四輪車販売から撤退となった理由は?
http://clicccar.com/2012/11/07/204236/

2分でわかる「これがVWとスズキ提携解消の真相!」まとめ
http://clicccar.com/2011/09/15/60918/

スズキ、フォルクスワーゲンに和解金を払うことで問題解決へ(http://clicccar.com/2016/02/10/353569/)