貯金ができない人必見!給与天引き・口座振替でお金が貯まる!

写真拡大

「貯金をしたいけど…お金があるとついつい使ってしまって、なかなか貯まらない」という人はいませんか?

そんな「貯金ができない」人におすすめなのが、給与天引きや口座振替でお金を貯める方法です。
給与天引き預金法その1:財形貯蓄(正式名「勤労者財産形成貯蓄」)
自分の預金口座にお金が入ることなく、お給料から強制的に天引きされるので、もっとも確実な方法がこの「給与天引き」です。

お給料の振込日の朝からATMに行ってしまうようなタイプの人なら、この方法しかありません。給与天引き預金の代表例は「財形貯蓄」です。

財形貯蓄には、以下の3種類があります。

­

▼1「財形住宅貯蓄」・・・住宅取得やリフォーム資金を貯めることが目的で、55歳未満の勤労者が対象。積立期間は5年以上。条件を満たす住宅を取得する場合は5年未満でもOK。1人1契約のみ。

▼2「財形年金貯蓄」・・・老後の生活資金を準備することが目的で、55歳未満の勤労者が対象。積立期間は5年以上。60歳以降5年以上にかけて、年金として受け取ることができる。1人1契約のみ。

▼3「一般財形貯蓄」・・・使途自由・年齢制限なし。積立期間は3年以上(1年以内の払い出しは不可)。

­

1〜3とも、預貯金、公社債、投資信託、生命保険や損害保険などで運用可能で、勤務先が契約している金融機関に預けることになります。

1、2は合わせて元利合計550万円(保険商品に預ける場合は払込ベースで385万円)まで、利子などが非課税扱いです。ただし、目的以外の用途で引き出す場合は、非課税にはなりません。

­

貯金の目的が「住宅資金」「老後資金」とはっきりしている場合は、非課税措置のある1、2がおすすめですが、目的がはっきりしない場合は3が無難です。

とりあえず、3の一般財形貯蓄で貯めて、50万円、100万円というまとまったお金になったら引きだして、金利のいいネット銀行などに預けかえるとよいでしょう。

­

なお、勤務先によっては財形貯蓄制度がないことがあります。その場合は、後半の「口座振替預金法その1・その2」を参考にしてください。
給与天引き預金法その2:社内預金
「社内預金」も給与天引きですが、これも制度がある会社だけになってしまいます。ただし、社内預金はふつうの金融機関の預貯金よりも金利がよいのが一般的です。

なお、万が一、会社が経営破たんし会社更生法が適用された場合は、預金の一部が返ってこない可能性があります。
口座振替預金法その1:給与振込口座がある金融機関の積立型商品を利用
多くの金融機関には、預金者が指定した日に指定した金額を、積立定期預金などに自動振替をするサービスがあります。例えば、給与振込日当日に5万円を自動振替してしまう積立定期預金を始めてしまえばいいのです。

­

給与天引きほどの強制力はありませんが、「給与振込日の朝にATMに行って、預金残高を全額引き出す」というようなことをしない限り、積立資金が貯まっていきます。

毎月5万円を自動的に積み立ててしまえば、1年後には60万円+利子分を貯めることができますね。
口座振替預金法その2:資金取寄せサービスがある他の金融機関にお金を移す 
「自分の給与振込口座がある銀行の積立預金の金利が低い。もっと金利が高い銀行がいい」という人には、資金取り寄せサービスを使って、金利がいい他の銀行にお金を移す方法もあります。

­

例えば、住信SBIネット銀行が提供している「定額自動入金サービス」を使うと、手数料無料で他行の本人名義口座から住信SBIネット銀行の本人名義口座に資金移動ができます。

他行口座からの引落し日は毎月5日か毎月27日のどちらかを選択、引落し日の4営業日後に住信SBIネット銀行口座に入金されます。入金金額は1万円から1000円単位で設定可能です。