Chiristopher CaenがRWに加入

MTM2NDQxMDkwODM1MjI4MjU1

新しいステージの幕開け

当サイトを買収した昨年、コネクテッドデバイスの世界を率いるコミュニティに対話をさせようというプランがあった。つい先日、Wearable IoT Worldが投資を募っていた時期が終わり、とうとう予定していたプランを実行する時がきた。

もちろん調達は楽な道ではなかったが、我々はふさわしい陣容をそろえ、コミュニティにとって価値のあるエクスペリエンスを提供するために足並みをそろえて取り組んできた。また、取り上げる内容について誠実であり、かつ鋭い分析を行うことだけが我々のすすむ道であり、人々の声を拾い上げ、何度も検証し、より多くの価値を提供するということは、この国をまたがり成長を続ける出版業のCEOとしての私の務めである。

そして、Chiristopher Caenをチーフ編集者として迎えることを喜ばしく思う。Chiristopherは、過去数年の厳しい時期に我々を率いてきたOwen Thomasからその役を引き継ぐことになる。彼はこれまでも今後も、ReadWriteの良き思い出としてその名を残すこととなる。Christopherはサンフランシスコのブランディング会社、Theory Associatesからやってきており、彼はそこでブランド戦略チーフとして、クライアントに新しい市場と素晴らしいテクノロジー製品を紹介していた。また、彼はかつてシリコンバレーで20年以上勤務しており、Fortune 500に入る企業およびスタートアップ企業数社でのキャリアがある。

さらに重要なことに、Christopherはジャーナリストとしての出版も多くあり、2006年のSan Francisco Examinerで持っていた週刊コラムで地元のマーケットについても切り込んでいる。それ以来彼は、Huffington Post、The Atlantic、The New York Magazine Sunday Magazine、TWICE Magazineにも寄稿している。また、地元で発行されているフィランソロピー教会についての雑誌、AWARE Magazineを設立した当時の編集者でもある。

このような経歴から、Christopherはこの仕事に向いているだけでなく、彼のビジョンはReadWriteを他に類のない優秀なレベルに至らせることが出来る人間であると確信している。もともといるライター達とコミュニティを設立した人々が一つになり、先進のライターたちが驚くような記事をもって編集の責務を果たし、このサイトが世界的な足跡を残すのを見守れることを、私は長年のファンの一人として非常に楽しみに思っている。

買収からまもなく1年になる今、我々は自分たちの行き先を考え始めたところだ。成功の道があるとすれば、それは我々があなた方読者を取り巻く問題について注力することの他にないだろう。つまり、あなたの生活や仕事、業界などに影響をあたえるトレンドについてだ。我々は投資にまつわる「その日のニュース」以上のものを届けるために模索しており、これらの話を動かしている大きな技術的シフトを理解することによって、それを記事にするだけでなく、業界を加速する触媒のような役目も果たせると考えている。

Christopherとともにこの道を進み、読者とより深い対話と関係構築を行えることを待ち遠しく思う。

ReadWriteJapan編集部
[原文]