THE LIVING DEAD TEE WHITE/画像はすべてBUMP OF CHICKENの公式サイトより

写真拡大

2016年で結成20周年を迎えたBUMP OF CHICKENのライブグッズに、アニメーターのすしおさんとコラボしたグッズ「THE LIVING DEAD TEE」が白黒2色で展開され、ファンの間で話題を呼んでいる。

【BUMP OF CHICKEN × すしおコラボT 20周年記念ライブで限定発売の画像・動画をすべて見る】

本商品は、2000年に発売されたアルバム『THE LIVING DEAD』をコンセプトに、メンバー4名が描き下ろされたTシャツ。価格は各3,500円(税込)となっている。

購入できるのは、2月11日(木)千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催される結成20周年を記念したスペシャルライブ「20」でのみ。

なお、チケットは完売しているものの、10時30分より開始される会場前の先行物販には、チケットを購入できなかったファンも参加可能だ。

結成20周年 今なお新たなファンを獲得するバンプ


BUMP OF CHICKEN


BUMP OF CHICKENは、1999年にデビューし、「天体観測」や「sailing day」などの大ヒットで広く知られるロックバンド。ストレートなロックサウンドや、物語性の強い歌詞で熱狂的な支持を集めた。

近年においては、バンド史上初の試みとして初音ミクをフィーチャリングに迎えた楽曲「ray」の発表や、ドキュメンタリー映画『BUMP OF CHICKEN "WILLPOLIS 2014" 劇場版』を公開するなど、活動の幅をさらに広げている。

また、これまでテレビにはほぼ出演しないというスタンスで、そのカリスマ性高めてきた一方、2014年7月『ミュージックステーション』で地上波での演奏を解禁。2015年末にはNHK紅白歌合戦に出演し、多くのファンから祝福の声で迎えられた。

そして、2月10日(水)8thアルバム『Butterflies』が、いよいよリリースされた。

バンプ×すしお ともに20周年を迎える奇跡のコラボ


「THE LIVING DEAD TEE」2


対するすしおさんは、アニメーションスタジオのTRIGGERに所属するアニメーター。すしおさんもまた、本年で活動20周年を迎えている。

特徴的な煙や爆発のエフェクトなどで知られており、TVアニメ『キルラキル』では、キャラクターデザイン/総作画監督を担当。その作風を遺憾なく発揮していた。

今回のTシャツでは、そんなすしおさんが、アルバム『THE LIVING DEAD』をコンセプトにBUMP OF CHICKENのメンバー4人を描き下ろし。

『キルラキル』に登場した生徒会四天王のように堂々としたメンバーたちの出で立ちに、両者のファンから絶賛の声が上がっている。