「鴨そば雑炊セット」(1180円)。熱々のつけ汁で乱切りそばを楽しんだ後は、雑炊を味わおう

写真拡大

東北自動車道・岩手山サービスエリア(SA)下り線のレストランでは、杜仲茶豚(とちゅうちゃぶた)、八幡平牛(はちまんたいぎゅう)といった地元食材を使用した定食や、盛岡冷麺やまめぶ汁などの郷土料理が味わえる。

【写真を見る】名峰・岩手山の裾野に位置する岩手山SA下り線。エリア入口側は日本庭園風の構えとなっている

ここでぜひとも食べたいのが、「鴨そば雑炊セット」(1180円)だ。せいろに盛られたそば1.5人前と鍋仕立てにされたカモのつけ汁に、雑炊用のご飯と生卵がつくセット内容。卓上コンロで熱々のつけ汁の中には、地元・岩手で育てられたアイガモと長ネギが入っている。焼き目がつけられた香ばしいネギと柔らか食感のカモを、太めの乱切りそばで味わうスタイルだ。

さらに、そばを食べた後は雑炊にして、カモとネギのダシが溶け出したつけ汁を最後まで楽しもう。ダシの旨味が染みこんだご飯にマイルドな溶き卵が絡み、ペロリと完食できるはず。

“一食で二度おいしい”このセットを食べて、みちのくドライブをより充実させよう!【東京ウォーカー】