9日、中国の掲示板サイトに、「日本が中国より100年進んでいるものって何?」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月9日、中国の掲示板サイトに、「日本が中国より100年進んでいるものって何?」と題するスレッドが立った。

スレ主は、「多くの人が日本は中国より50年、100年進んでいると言っている。そこで質問なのだが、日本が中国より100年進んでいるものっていったい何なのだろうか?高速鉄道?地下鉄?それともさしみ?」と質問した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「道徳と秩序だな」
「やっぱり制度だろ」
「民主、人権、自由」

「日本人の思考パターンが中国より進んでいると思う」
「日本は工業国、中国は農業国。一番の差はここだろう」

「国と国民の文明の程度は100年どころの差ではないと思う」
「100年経っても日本と同じ品質の爪切りを製造できないだろう」

「トイレの衛生環境は中国より200年は進んでいる」
「民度、制度、環境。日本が今のまま動かなくても追いつくのに500年かかる」

「日本人は現代社会を生きているが、中国は封建社会で生きている。進んでいるのは100年どころの話ではない」
「たとえ日本と同じような生活レベルになっているとしても、同じような民度にはなっていない」

「日本にあって中国にないものは国民の民度と美しい環境。中国にあって日本にないものはスモッグと毒食品」
「100年どころか1年も進んでいはいない。むしろ中国は日本より進んでいる。世界第二の経済体だし、日本のぼろい都市は中国の農村並み」(翻訳・編集/山中)