<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇10日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,649ヤード ・パー72)>
 3月3日(木)から沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部で開催される国内女子ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」。開催まで1ヶ月を切り、この日に主催者より出場選手が発表された。なお、この大会は昨年までは3日間競技だったが、今年からは4日間大会として行われる。
女子ツアーの特選フォトは「写真館」でチェック!
 昨年大会で優勝したテレサ・ルー(台湾)をはじめ、賞金女王のイ・ボミ(韓国)、歴代覇者の森田理香子、斉藤愛璃、O・サタヤ(タイ)に加え、賞金ランキングの上位者の上田桃子、大山志保、申ジエ(韓国)、渡邉彩香、菊地絵理香、成田美寿々、米ツアーを主戦場とする上原彩子や有村智恵らが出場。
 残念ながら宮里藍、宮里美香は出場しないが、昨年のツアーを盛り上げたトッププレーヤーたちが多数参戦する。また、3年連続ローアマに輝いている新垣比菜や地元・沖縄出身のアマチュアたちが大会にフレッシュな風を吹き込む。主催のダイキン工業所属の諸見里しのぶは今季は主にケガの療養に時間を費やす予定だが、この大会にはホステスプロとして出場する。
 ルーは開幕を目前に控え、「ディフェンディングチャンピオンとしてベストを尽くせるように頑張ります。ほかにもたくさんいい選手がいるので、大会連覇は簡単ではないと思っています。自分自身のベストなゴルフをすることが第一です」とコメントを寄せた。
 また女王のボミは「すべての選手が実力をアップグレードしていると思いますが、私も最善を尽くして冬季訓練をしました。そして、今年から4日間の試合なので、体力管理も重要になるだろうと思いますし、コーライグリーンの適応もとても重要です。今年も良い成績を出すために頑張ります」と抱負を語った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>