寒い時に飲みたい甘酒ですが、江戸時代には夏バテ対策の栄養剤として庶民の健康を支えていたそう。飲む点滴といわれるほど栄養豊富な甘酒。酒粕から作るものと米麹から作るものでは違いがあることをご存知でしょうか?

夏の風物詩だった甘酒売り

江戸時代には夏バテ対策や疲労回復のために冷やした甘酒を飲む習慣がありました。甘酒には原料の麹由来のコウジ酸、発酵の際にできるブドウ糖やオリゴ糖、消化酵素やビタミンB群が豊富で飲む点滴ともいわれるほど。コウジ酸にはメラニンの生成を抑えてくれる美白効果のほか、ビタミンB群とともに健康な肌や髪を作ってくれる効果があります。ブドウ糖や必須アミノ酸が豊富なので、体を動かすエネルギー補給と疲労回復の効果も期待できます。

低カロリーで甘さ控えめな米麹

甘酒の原料には米麹と酒粕の2種類があります。酒粕から作るものはほんの少しですがアルコール分があり、体が温まりやすく酒粕を煮溶かして作るので簡単です。そのままでは甘さが出ないので、砂糖などの糖分を加えるためカロリーが高めに。米麹から作るものは麹が発酵して糖化した自然の甘さがあり、糖分を加える必要がありません。米麹を発酵させなければならないぶん、時間と手間がかかるという違いもあります。どちらも原料はお米なので、栄養素に違いは無いそうです。

炊飯器で作れちゃう!ほったらかしレシピ

炊飯器で作る米麹甘酒のレシピを紹介します。材料は乾燥米麹200g、お湯500cc。最初は調理用の温度計も用意すると失敗しません。まずお釜をお湯か保温で温めておきます。米麹を入れて、70℃くらいに温めたお湯を加え、すぐに混ぜます。炊飯器の蓋を閉じて保温にし、中身が60℃くらいになるまで待ちます。60℃になったら蓋を開けたまま、ふきんかアルミホイルをかぶせ保温で8時間放置すればできあがり。途中何度かかき混ぜてくださいね。

砂糖を加えなくても、驚くほど甘い甘酒ができますよ。お水やお湯で割ってお好みの濃さでいただいてみてくださいね。


writer:しゃけごはん