台湾南部地震  韓国の義援金10万ドルに外交部が謝意

写真拡大

(台北 10日 中央社)6日未明に台湾南部で起きたマグニチュード6.4の地震。韓国政府が9日、災害救助や復旧・復興のために、中華民国紅十字会(赤十字社)を通じ、10万米ドル(約1100万円)の義援金を送ると表明したことが分かった。外交部が同日夜、発表した。

これを受けて外交部は同日、韓国政府の義援金は台湾の被災者への気遣いや思いやりの気持ちを表すものだとして、謝意を示した。

今回の地震に対しては、これまでに日本政府が100万ドル(約1億1000万円)規模の支援実施や、救援物資の寄贈を決定。米国政府も50万ドル(約5700万円)の寄付を発表している。

(編集:杉野浩司)