ドローン専用練習場「ブーメラン」サイト

写真拡大 (全3枚)

 ファナティックは9日、宮城県大和町にドローン・マルチコプター専用練習場「ブーメラン」をオープンすることを発表した。

 日本では、改正航空法が2015年末より施行され、空港の周辺、人口集中地区、150m以上の高さの空域でのドローン飛行には、国土交通大臣の許可が必要となった。また、自治体ごとに条例で飛行を規制する傾向が強く、ドローンの練習やテスト飛行ができる環境は限られている。

 「ブーメラン」は、宮城県大和町落合(東北自動車道の大和インターチェンジから4キロ)に4月より開設予定。屋外1,080坪のスペースで、初心者から研究者まで、誰でも飛行を楽しめるという。人数を限定した会員制として運用する。

 同社は、防犯対策を専門に扱う「セキュリティ・バーンズ」などのネット・メディアを企画・制作する企業。地元である宮城県で、ドローンの屋外練習場の運用に乗り出す。

■関連リンク
ドローン専用練習場「ブーメラン」