8日、あるTwitterユーザーが「子どもが食事中に立ち歩いてはいけない理由」をマンガで投稿した。

添付したマンガによると、座って食べなければ行儀が悪いだけでなく、窒息の恐れがあるからだという。

人体の基本構造として、喉の先は食道と気管に分かれている。マンガによると、食べ物を摂取する瞬間には自然に呼吸が止まり、気管のフタ(喉頭蓋)が閉じるとのことだ。

結果、食べ物は食道を通るが、立ち上がった状態では喉頭蓋が開き、気道に食べ物などの異物が入り、窒息に至る可能性があるというのだ。

マンガの最後に投稿主は「大人は軽い窒息も『事故』として認識しんとあかんよ」とつづり、警鐘を鳴らしている。

この投稿は反響を呼び、10日の14時時点で13000件以上のリツイート、8000件以上の「いいね」を集めている。

ちなみに、このツイートは、一般財団法人・日本病児保育協会が運営するWebサイトを分かりやすくマンガ化したものだ。

【5〜6分が生命の分かれ目!保育の現場に潜む『子どもの窒息』即時対処法】
http://sickchild-care.jp/activity/5545

【関連記事】
「お金のために臓器を売る」というネタ投稿の危険性を訴えるツイートが話題
激太りした元グラビアアイドルの小阪由佳さん 現在はチャイルドカウンセラーに転身
保育園に届いた鬼からの節分の日の「襲撃予告」がTwitter上で話題に