「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」渋谷で開催、マリー・アントワネットらが愛したコットンプリントの世界

写真拡大

「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」が、2016年6月14日(火)から7月31日(日)までの期間、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

トワル・ド・ジュイ(ジュイの布)とは、18世紀にドイツ出身のプリント技師、クリストフ・オーベルカンプが、フランスのヴェルサイユ近郊の村、ジュイ=アン=ジョザスの工場で生み出した西洋更紗。田園風景の中に遊ぶ人々や動物などのモチーフに代表される優雅で楽しいコットンプリントの数々は、18世紀にマリー・アントワネットを始めとするヨーロッパの人々を夢中にさせた。

本展では、これまで日本国内でまとめて紹介されることのなかったトワル・ド・ジュイの魅力をフランスのトワル・ド・ジュイ美術館の全面協力を得て、初めて本格的に紹介。田園風景のモチーフの源泉を装飾用織物であるベルギーのタピスリーをもとに辿る。

さらにヨーロッパのみならず世界中にセンセーションを巻き起こした、インド更紗の世界をあわせて展示。トワル・ド・ジュイの誕生から発展までのドラマを、色鮮やかに浮かび上がらせる。

【開催概要】
西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展
開催期間:2016年6月14日(火)〜7月31日(日)
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
開館時間:10:00〜19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日:会期中無休
入館料:一般 1,400円(1,200円)、大学・高校生1,000円(800円)、中学生・小学生 700円(500円)
※()内は前売り、20名以上の団体料金(要事前予約)
※ヴィロンの特製コンフィチュールと前売券がセットになった「特製コンフィチュール付前売り券」2,100円を数量限定で販売中。

【問い合わせ先】
Bunkamura ザ・ミュージアム
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)