9日、中国の掲示板サイトに、日本のニコニコ生放送がリアルタイムで紹介した「春節聯歓晩会」が、日本のネットユーザーから高い評価を得たことを紹介するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月9日、中国の掲示板サイトに、日本のニコニコ生放送がリアルタイムで紹介した「春節聯歓晩会(春晩)」が、日本のネットユーザーから高い評価を得たことを紹介するスレッドが立った。

春節(旧正月)の前日夜に中国で放送される年越し番組「春節聯歓晩会」は、中国版紅白歌合戦とも言われているが、ニコニコ生放送での放送を見た視聴者の71.1%が「とても楽しかった」と回答。「まあまあ楽しかった」の17.5%と合わせると9割近くのユーザーから高評価を得た。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「きっと日本人は過去の春晩の番組を見たことがないんだろうな」
「まあ見たことのないものを見れば評価が良くなるのは当然のこと」

「隣の芝生は青く見えるというだけのことだな」
「自分が持っていないものは良さそうに見える」

「なぜなら紅白歌合戦がつまらなすぎるからだよ」
「日本は先進国だと思っていたけど、国民は意外と世間知らずなんだな」

「誰が何を言おうと、今年の春晩はひどかった」
「逆の意味だ。俺も含めて世界中の人が今年の春晩は最悪だったと言っている」

「出演者は日本人と北朝鮮人に見せるために演じていたんだと思う。中国人に見せるための内容ではなかったな」
「どうやら中国による世界統一のための手段が一つ増えたようだ」(翻訳・編集/山中)