自動制御運転で状況に応じたきめ細かい掃除を実現

写真拡大

パナソニックは、ロボット掃除機RULO(ルーロ)「MC-RS200」を2016年4月20日に発売する。

従来の「ハウスダスト発見センサー」に加え、新たに「床面検知センサー」を搭載。ゴミの量だけでなく、じゅうたん・フローリングなど走行中の床面を見分け、走行やパワー、ブラシの回転数を自動制御し、状況に応じたきめ細かい掃除を実現。

液晶搭載の「お掃除サポートリモコン」で曜日・時間・モードなど生活に合わせた1週間分の掃除予約が自由に設定できる。掃除レポート機能では掃除の結果を音声で確認することもできる。

ダストボックスは従来の外型寸法はそのままに、フィルター構造を見直すことで集じん容積を従来品より約1.5倍の0.15Lにアップし、より多くのゴミを集めることができ、フィルターの手入れも簡単にできる。

オープン価格。