右上から下へ順に「ジャパンコレクション」「貴腐ワイン&マールドシャンパーニュトリュフ」「スペシャルナッツコレクション」。左が「メリーズ ゴールドショコラティエ ザ・ベスト」

写真拡大

チョコレートメーカー「メリーチョコレート」は、2016年バレンタイン向けの新作「メリーズ ゴールドショコラティエ」を販売中だ。

世界最大のチョコレート展「サロン・デュ・ショコラ パリ」に、日本最多出展しているメリーの技術や経験を凝縮した、メリーショコラティエによる自信作。

藻塩、八女茶...吟味された和素材

「サロン・デュ・ショコラ パリ」への出展は2000年から15回で日本最多。14年にはフランスのショコラ愛好家団体が発表する、外国人部門最高位の「ゴールドタブレット」を獲得。この快挙を記念して完成したのが、今回の特別仕様チョコレートだ。

ラインアップは全部で4つ。福岡産八女茶や、淡路島産藻塩など和素材を巧みに使った「ジャパンコレクション」、洋酒の華やかな味わいを楽しむトリュフチョコレートのボックス「貴腐ワイン&マールドシャンパーニュトリュフ」、チョコとナッツの黄金の組み合わせで作り出された「スペシャルナッツコレクション」

そして、これらすべてをひと箱に詰め込んだ「メリーズ ゴールドショコラティエ ザ・ベスト」の計4種だ。

メリーチョコレートの製品開発を担う大石茂之ショコラティエは「サロン・デュ・ショコラ パリでは、来場者とショコラティエが会話しながらチョコを楽しみます。今回のアソートも、ひと粒ひと粒に"ストーリー"が詰まっています。箱に入っているリーフレットを読みながら、味わって楽しんでください」と話している。

「メリーズ ゴールドショコラティエ ザ・ベスト」(12個入り)の価格は2592円。