画像

写真拡大 (全2枚)

 デジタルガレージは、カスタマー・コミュニケーションズとマーケティング事業領域での資本業務提携を行った。同提携により、ID-POSデータを活用した顧客行動の可視化を行い、その分析に基づいたプランニングができるようになる。

 デジタルガレージ(以下、DG)は、ID-POSによる購買行動データ等を用いたマーケティングプラットフォームを運営するカスタマー・コミュニケーションズ(以下、CCL)に出資し、あわせてDGのマーケティング事業領域での資本業務提携を行った。

 CCLは、ドラッグストア・スーパー等オフラインでは5,000万人の会員数からなるデータベース「TRUE DATA」を有している。DGは、今回の資本業務提携により「TRUE DATA」内のID-POSデータを活用して顧客行動の可視化を行い、その分析に基づいたプランニングを行うことで、オフラインマーケティングにおけるデータ活用を推進する。

 一方、DGがWEBおよびリアルのプロモーションで培ったノウハウをCCLが活用することにより、CCLはオフラインからオンラインまで一貫したプロモーション戦略、マーケティング戦略を顧客に提案することが可能となる。今後両社は、ID-POSデータを活用したマーケティングツールを共同で開発し、そこから得た知見を今後のツール開発に活かしていく考えだ。

MarkeZine編集部[著]