同梱の「ワイヤレスユニット」でHDMI機器もつながる

写真拡大

ソニーは、ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」を2016年2月13日に発売する。

空間そのものを活用して新しい体験を創出するコンセプト「Life Space UX」商品群の1つ。片手で簡単に持ち運べる幅約8センチのコンパクトサイズに独自の小型超短焦点レンズと光学モジュール、バッテリーとスピーカーを内蔵。リビングルームや寝室の壁など設置するだけで、22インチ〜80インチまでの大きさで好みの映画や動画を投写したり、スマートフォン(スマホ)に保存した写真をテーブルや床に表示して楽しめる。

TVチューナー付きブルーレイディスクレコーダーやパソコンなどのHDMI機器と接続できる同梱の「ワイヤレスユニット」を使用すれば、映画やTVコンテンツもワイヤレスで表示可能だ。Bluetoothや無線LANを搭載し、スマホ専用アプリケーションを使用して時計や天気、好みの映像コンテンツを身近に表示できる「ポスター機能」を備える。

別売アクセサリーとして、椅子やソファーに座った際に心地よい目線の高さとなる専用の「フロアスタンド」を用意する。

市場想定価格は9万3000円前後、フロアスタンドは同1万9000円前後(いずれも税別)。