滋賀県職員が過労で自殺…県は損害賠償金計6千万円で和解する方針

ざっくり言うと

  • 滋賀県職員が2004年11月に過労で自殺し、遺族が県に損害賠償を求めていた
  • 10日、県が損害賠償金6千万円で和解する方針を固めたことが分かった
  • 遺族側の弁護士は、過労を防ぐために「今回の和解は意義が大きい」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング