音楽にぼくらは勇気を学ぶ──『WIRED』Vol.21 特集「音楽の学校」に寄せて

写真拡大

2016年2月10日発売の『WIRED』日本版VOL.21「音楽の学校」。あらゆる評価軸が「お金」に収束し、学びや人間の価値までもが数字で評価されるこの世の中、何か新しいこと、人と違ったことをするには、何が必要か。そしてそれをどう育むのか。いまこそ、ぼくらは「音楽」に学ぶべきだ。本号発行に寄せ、弊誌編集長からのメッセージ。

「音楽にぼくらは勇気を学ぶ──『WIRED』Vol.21 特集「音楽の学校」に寄せて 」の写真・リンク付きの記事はこちら

昨年末に、「デジタルファブリケーション」と「教育」をテーマにしたカンファレンスに参加した。そこで、日本の先進的な高校が、どのように「ファブ」や「ICT」を導入して、成果をあげているかといったプレゼンを見た。率直な感想は「いまの子は学ぶことが多くて大変だなあ」というものだったが、それでも学校の評価はうなぎのぼり、一時激減していた生徒数もV字回復を遂げているのだという。経営的観点から言えば「ファブ」や「ICT」は「効く」らしい。

とはいえ、釈然としないものも感じたので、大人気ないとは知りながら「そこでいう評価とはなんのことですか?」とパネルディスカッションの席で先生方に問うてみた。答えは、即座に「受験ですね」だった。

『WIRED』で3年くらい前に「未来の学校」という特集をやったとき、そこで語られていたヴィジョンは、デジタルネットワークによって、学校という権威が解体されていくことになるであろう、というものだった。ありていに言えば「学校行かなくても、学びはできる」、極端に言えば、「学校行かなくても生きていける」。そのとき、ファブやプログラミングは、それを実現するための民主的なツールとして語られていたはずで、メイカーズという言葉は、そんなDIYな生き方の指針、もしくは理念として語られていたはずだった。

けれども、気づけば、それらもすっかりしっかり受験科目。学校が大事にしてやまない「評価」とは相変わらず「いい大学に入ること」に尽きている。「ファブって結局受験科目なんですか?」と、重ねて突っ込んでみたところ、スタンフォードだったか、どこかのアメリカの名門大学の先生は、「近年では、ファブの評価だけで入学した学生もいます」と仰っていたが、それってただの一芸入試じゃんか(とは、あえて言わなかった)。

結局のところ、東大はエライままだし、スタンフォードやハーヴァードはエライままなのだ。で、その人たちがファブを「評価」しましょうとなれば、そこにぶらさがった高校以下、中学校、小学校に至るまでが、それをカリキュラムに組み込むこととなる。

もっとも、大学だって、教育機関としてのその「評価」が就職にあることを思えば、言っても経済や産業というものの言いなりで、終局的には「お金をもたらしてくれる『人材』を求む」という経済の要請に従っているにすぎない。その「人材」の内実は刻々と変化するにしたって「評価軸」自体は変わってはいない。

学校ってのは、実際、経済的な指標でしか「評価」をされない、とても残念な空間なのかもしれない。かつてもそうだっし、いまでもそうなのだろう。経済にしか興味がない社会では、教育空間は、利潤を生むための部品をつくる工場でしかない。より有能な部品とするために、子どもたちにいま何をプログラミングすべきか、という議論に喜んで参加する気にはどうしてもなれない。やれ英語だ、やれプログラミングだ、やれICTだ、やれファブだ。お好きにどうぞ。

いずれにせよ、学校というもののこうした「残念さ」は、社会そのものの「残念さ」の反映にほかならない。学校における生徒の評価は、そのまま社会における「人材」の評価と直結している。そして、この社会における「いい人材」は、いまなお程度の差こそあれ、結局のところ「お金」という指標でしか定量化されない。子どもに「なぜ勉強しなきゃいけないの?」と聞かれても、あらゆることを数字でしか測れない社会は、ロクな答えを出すことができないだろう。

昨今、いろんな会社に呼ばれて話をする機会をもらう。依頼の多くは「どうやってイノヴェイションを起こしたらいいですか?」というもので、「イノヴェイションを起こせ」という上司の命を受けて立ち上がった新規事業開発担当者にお願いされることも多い。もちろん、こちらは、そんな都合のいい答えをもちあわせているわけもなく、思うことを雑に話して帰ってくることになるのだけれど、話を聞いていて感じる大きな問題は、社員が一生懸命考えた「イノヴェイションの芽」を、その当の上司は、いったい、どうやって、何をもって評価するんだろう?ということだ。

イノヴェイション担当者の悩みは、常にここにある。これまでにない斬新なアイデアでブレイクスルーを起こせと命令されつつも、何かアイデアをもっていくと上司に「で、それはどんだけ儲かるんだ?」と聞かれる、という矛盾。

斬新でDifferentなアイデアは、斬新でDifferentであるがゆえに予測がつかず、予測がつかないからこそ、斬新でDifferentなのだといえる。そこに、かりそめの売上予測はできたとしても、終局的には「賭け」となるというのが、そうしたものの宿命だ。だからこそ、イノヴェイションというものの「評価」は難しい(し、だからスゴいVCはスゴいのだ)。その宿命を受け入れずに、従来の企業の価値軸に従うなら、あらゆる斬新なこと違ったことは、「やらなくていい」という結論が出てしまうだろう。そういう社会における教育の第一義は「新しいことなんかやるな」となる。冒険しない社会は、冒険しない人を優遇する。

かつて、カート・ローゼンウィンケルというジャズギタリストを取材したときに「いちばん好きなアーティストって誰ですか?」と聞いたところ、「デヴィッド・ボウイ」という答えが返ってきて驚いたことがある。ジャズミュージシャンには珍しい答えだと思って、なんでですか?と問い返したら「彼は勇気があったから」という答えが返ってきて、さらに驚いた。「自分をとことんまでさらけ出す勇気があった」。その理由をもってローゼンウィンケルは、ボウイを最上位に置く。

ボウイが「イノヴェイティヴ」であった根拠は、おそらく経済的にも、社会的にも、文化的にもたくさん語ることができるはずだ。けれども、そうした根拠は、どこまでいっても後付けの結果論でしかない。それは、どんなイノヴェイターにしたってそうだ。あとから、その人や、その人のアイデアを「評価」することはたやすい。しかし、それをリアルタイムで評価するためには、別の評価軸が必要となる。仮に売れなかったとしたら、ボウイという人の価値は、ないものになってしまうのだろうか、と問うてみればいい。ボウイをボウイたらしめているのは、彼がもたらした「結果」ではない。ボウイが亡くなった際、カニエ・ウェストも、やはり何よりも先に「Fearless(恐れをしらない)」ということばを用いて賛辞としたのだった。

David Bowie was one of my most important inspirations, so fearless, so creative, he gave us magic for a lifetime.

— KANYE WEST (@kanyewest) January 11, 2016

何か新しいこと、人と違ったことをするには勇気がいる。それは、何か新しいアイデアをもった人だけに限らず、それをともにつくったり、それを伝えたり、あるいはそれを享受する側にだって、勇気を強いる。どんなイノヴェイションも、おそらくひとりでは具現化できない。さっきの「新規事業開発」の部門について言えば、おそらくいちばん勇気を必要とするのは、実は、部下の勇気を「評価」する上司だ。冒険を尊ぶ社会では、みなが冒険をしなくてはならない。勇気には、勇気をもって応えよ。

音楽にしろ、映画にしろ、ビジネスにしろ、新しく新奇でこれまでとは違ったものが世に出てくるたびに、ぼくは、これにハンコを押したヤツはスゴいな、といつも思って感心する。そして、自分だったらそれにGoサインを出せただろうか、と自問する。新しいことをやらないでいる理由を見つけるのは、常にたやすい。音楽プロデューサーのドン・ウォズは、こう語る

金融屋や銀行屋は「リスク」ってものが理解できないんだ。音楽ってのは、そもそもがギャンブルなんだ。「結果はわからないけど、面白いからやってみよう」。そうやって音楽は領域を拡大し、進化を遂げてきた。

今回の特集は、つまるところ、「人はなぜ学ばねばならないのか」という問いの答えを探しつつ、誰しもが「金融屋や銀行屋」のようにしかものごとを評価できない世の中にあって、経済の指標に対抗するオルタナティヴな価値基準ってのはなんだろうと考えるものとなった。それをうだうだ考えながらつくりあげていく途上で、音楽とも学校とも、ほとんど関係のない一冊の本と出会って、ぼくは「勇気」と「学び」について、ひとつ大きな答えをもらった。

ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か』は、ナチスの圧政に逆らってユダヤ人の逃走を手助けしたり、抗議運動をしたり、反ナチのクーデターを画策した「ふつうの市民」の姿を描いた本だ(著者の對馬達雄先生へのインタヴューはこちら)。そのなかに、教育者として知られたアドルフ・ライヒヴァインという人物の、11歳の娘に宛てた手紙が紹介されている。ナチスに処刑される直前に書いたものだ。

「いつでも人には親切にしなさい。
助けたり与えたりする必要のある人たちにそうすることが、
人生でいちばん大事なことです。
だんだん自分が強くなり、楽しいこともどんどん増えてきて、
いっぱい勉強するようになると、
それだけ人びとを助けることができるようになるのです。
これから頑張ってね、さようなら。お父さんより」

本号で取材した英国のブリットスクールという音楽学校は、音楽の技術や才能なんかよりも、生徒たちの「優しさ」を育むことが何よりも大事だとしている。Be Kind, Be Original、がこの学校のメッセージだ。「優しさをもて、勇気をもて」、そして音楽がよりよいものとなるよう助け合い、冒険せよ。それが「学び」の価値であり、評価の指標である、とそれははっきりと謳っている。

『WIRED』VOL.21「Music / School 音楽の学校」
Amazonで購入する>>

音楽家を育てるだけが音楽教育ではない。文化として、ビジネスとして、音楽をよりよく循環させる「エコシステム」そのものを育てることが、「音楽の学校」の使命なのだ。ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンが生んだ、音楽の未来を救う学びの場、アデルやエイミー・ワインハウスを輩出した英国ブリットスクールの挑戦。知識や技術を詰め込むだけではない、これからの学校のあり方を、音楽の世界を通して探っていく。
特集の詳しい内容はこちら。

TAG

Editors LetterEducationMagazineMusicRecommendSchoolVol. 21WIRED JAPAN