「Macintosh」「NeXT Cube」「iMac」3つの発表会にスポット

写真拡大

米アップルの共同創業者スティーブ・ジョブズを描いた映画「スティーブ・ジョブズ」が2016年2月12日に全国の映画館で公開される。ジョブズを演じたマイケル・ファスベンダーはアカデミー主演男優賞候補に、マーケティング担当のスタッフを演じたケイト・ウィンスレットが同助演女優賞候補にノミネートされている。

映画は伝記作品ではなく、ジョブズによる新製品の発表会のそれぞれ開演直前40分の舞台裏をオムニバス的に描いたもの。

1984年「Macintosh」発表会の40分前、「ハロー」と挨拶するはずのマシンが黙ったままであることに激怒していたジョブズのところへ、元恋人クリスアンが認知されない娘リサを連れて抗議に現れる。公私ないまぜの緊張感の中、ジョブズはCEOジョン・スカリー(ジェフ・ダニエルズ)に励まされ舞台に出ていく。波乱の幕開けは重大なプレゼンテーションのたびに勃発する開発チーム、クリスアンとリサ、そして自らとの闘いの始まりに過ぎなかった―。

ウォルター・アイザックソンの伝記作品を原案に、「Macintosh」のほか、88年の「NeXT Cube」、98年の「iMac」という、ジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期の3つの新作発表会にスポットを当てる。人々を魅了したジョブズによる伝説のプレゼンの舞台裏、娘リサとの和解などのエピソードも盛り込み、信念を貫き通す強靱なカリスマと、父親としての素顔を描き出す。「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年)でアカデミー監督賞を受賞した英国人のダニー・ボイル監督。