9日、インドのナレンドラ・モディ首相が旧正月を迎えた韓国国民に宛て韓国語で新年のお祝いメッセージを送ったとの報道に、韓国のネットユーザーらが感激のコメントを寄せている。写真はソウル。

写真拡大

2016年2月9日、インドのナレンドラ・モディ首相が旧正月を迎えた韓国国民に宛て新年のお祝いメッセージを送ったと韓国・聯合ニュースなどが報じ、韓国のネットユーザーらが感激のコメントを寄せている。

モディ首相は8日(インド時間)、自身のツイッターに「韓国国民の皆さん、明けましておめでとう!今年も良いことがたくさんありますように」とのメッセージを、韓国語と英語で掲載した。首相はまた、旧暦でお正月を祝う中国、モンゴル、ベトナムなどの国民に対しても、同じように各国語と英語でメッセージを送った。

モディ首相のツイッターのフォロワーは1780万人に上り、世界の政治家の中では米国のオバマ大統領に次いでその数が多いという。

この報道に、韓国のネットユーザーは喜びのコメントを数多く寄せている。

「センスがいいね!」
「モディ首相も、楽しいお正月を」
「この人誰?でもうれしい。他国の権力者が、韓国国民に新年のあいさつをするとは」
「これが外交というものだよ、朴槿恵(パク・クネ)大統領」

「もう巨大な国家・インドに目を向けて交易を拡大すべきだよ。中国一辺倒の経済は、変えないといけない」
「はっきり言って、中国人よりインド人だね」
「同じ民族だという北朝鮮より良い」
「とても社交的な指導者、いい感じだ」

「インドの民主化と人権環境の改善、平和と経済成長を祈っています」
「すてきな首脳だね。誰かさんもちょっとくらい似てくれればいいんだけど…」
「お金がかからない、品のある外交だ」
「インドをうまく利用して、中国をけん制しよう」(翻訳・編集/吉金)