暮らしマイスター柳沢小実さんに聞く。1ポイントで部屋がおしゃれになる5つのアイデア

写真拡大

季節の変わり目は、インテリアを変えたり模様替えをしたくなるもの。でも、がらりと変えるにはお金も手間もかかる…。そこで、エッセイスト・整理収納アドバイザーとして活躍する柳沢小実さんに、明日から実践できる暮らしの1ポイントアイデアを教えてもらった。簡単で楽しいアイデアで、暮らしをワンランクアップさせよう。◆【1】花ではなく、枝や実を飾ってみる


部屋の印象を明るくするために、花を飾っている人は多いはず。でも、柳沢さんがおすすめするのは、あえて「枝や実を飾ってみる」こと。「花はこまめに水替えが必要で、長もちしませんが、枝ものや実ものは比較的長もちします。寒い季節ならば、玄関などの寒い場所に置くと、より寿命がのびます」(柳沢さん)
2〜3月なら南天の赤い実や、ユーカリなどを一枝、小瓶に挿してもかわいい。

◆【2】壁やドアにポストカードを貼ってみる


旅先で手に入れたお気に入りのポストカードを、壁やドアにペタペタ貼ってみるのも、簡単に部屋のおしゃれを演出できるアイデアのひとつ。賃貸だから壁に穴を開けられない、という人は、マスキングテープで貼ると壁紙なども傷めず安心。ポイントは、1枚だけでなく複数枚飾ること。「何枚か重ねたり並べたりして貼ると、さらにおしゃれ度がUPします」(同)季節ごとに貼り換えたりして、気軽に楽しんで。

◆【3】本棚には、本だけでなく雑貨スペースを作る


本棚には、ついつい小説や雑誌をぎゅうぎゅうに詰め込んでしまいがち。いらない雑誌などは思い切って整理して、空いたスぺースに雑貨を配置してみよう。「大好きな雑貨屋さんで見つけた動物の置物や、旅先で見つけた小さな雑貨などを本棚の本に混ぜて飾ってみましょう。とたんに本棚が「見せる収納」に大変身しますよ」(同)
多肉植物の鉢植えなど、グリーンをさりげなく置いてみるのもおすすめ。

◆【4】キャンドルやグラスをまとめて飾る


「キャンドルを飾るときに、ぽつんとひとつだけ置くのではなく、グラスやガラスのドーム、薬瓶などとまとめるとさらに素敵になります」と柳沢さん。高さのあるもの、中ぐらいのもの、背の低いものをいくつか混ぜて高低差を出すと、より立体感が出るそう。夜、火を灯して、自分だけのリラックスタイムを楽しもう。

◆【5】天井からモビールやオーナメントを吊るす


部屋に立体感を出してくれるのが、天井から吊るすモビールやオーナメント。「天井などの高い位置は、プッシュピンを刺しても目立ちにくい場所。オーナメントは空間に広がりを出してくれます。ゆらゆらと揺れる姿をぼんやり眺めているだけでホッとしますよ」(同)

どれも簡単ですぐに実践できるアイデアばかり。部屋がちょっぴり素敵になれば、いつもの時間がもっと楽しくなりそう。