Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠中に腕やおなかに水ぶくれができる「妊娠性疱疹」ってどんな病気?

写真拡大

妊娠中は赤ちゃんをむかえる大きな喜び、楽しみの多い時期ですね。しかし同時に、妊娠前とは身体の様子がまったく異なり、たくさんのトラブルがでやすい時期でもあります。そのひとつに、肌のトラブルがあります。

妊娠中は、肌が乾燥しやすくなったり、かゆくなったり、時には水ぶくれのような疱疹ができることがあります。この水ぶくれのような湿疹を「妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん)」といいますが、これは一体どのようなものなのでしょうか。医師に解説してもらいましょう!

「妊娠性疱疹」の原因とは?

妊娠中は、ホルモンのバランスが妊娠前とは変わります。そのため、本来肌がもっているバリア機能の働きが弱くなってしまいます。肌がデリケートな状態となることで乾燥しやすくなったり、刺激に弱くなったり、荒れやすい状態になります。それにともない、かゆみや発疹がでるケースもあります。

また、免疫のメカニズムが関係している、肝機能が関係する、さらに遺伝的な要素が関係するともいわれています。

どんな症状が起きるの?

「妊娠性疱疹」は、妊娠中に肌が赤くなったり、盛り上がったようなプツプツした発疹や水ぶくれのような水疱もできます。これらは腕や足、おなかなどにできやすく、かゆみを強く感じます。また、水疱ができず、赤みや湿疹だけのものは「妊娠性痒疹」と呼ばれます。

そのほか妊娠後期にかけて、おなかを中心に激しいかゆみや皮膚の炎症が起きることがあり、これを「PUPPP(Pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy)」ということもあります。

これらは皮膚症状のひとつであり、赤ちゃんへの影響はありませんが、かゆみがあると眠れなかったりとつらい症状が続きます。

「妊娠性疱疹」はこう防ぐ!

妊娠中は肌がデリケートになり、荒れやすくなるため、今まで使っていて問題がなかった化粧品やアクセサリーに反応してしまったり、下着などゴムの締め付けなどから刺激を受けて、湿疹やかゆみがでることがあります。また、妊娠前と比べて汗をかきやすくなるため、蒸れたり荒れたりして、トラブルがでやすくなります。

そこで、以下のようなことに気を付けるとよいでしょう。
・より低刺激な化粧品を使う
・アクセサリーなどは控える
・ゆったりした下着をつけて締め付けないようにする
・汗ばんだらこまめに拭く
・しっかり保湿をして肌を守ってあげる

医師からのアドバイス

妊娠中のトラブルの一つである“皮膚のかゆみ”を引き起こす「妊娠性掻痒」や「妊娠性疱疹」。かゆみや赤みがある場合は、患部を冷やすのも効果的です。そして症状がでたら、迷わず皮膚科や産婦人科で相談してみましょう。保湿剤をぬったり、ステロイドの軟膏やかゆみ止めの内服で症状を緩和させてあげるとよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)