厳冬のスカンジナビアで、アウディの3ドアハッチバック「A3」フェイスリフトモデルと思われるプロトタイプを発見しました。

カモフラージュされたフロント部分では、シングルフレームグリルが強調された新デザインを採用し、ヘッドライトもリデザインされる模様です。

パワートレインは新開発1.8リットルターボエンジンで、最高馬力は190psを発揮します。また、「A1」に採用されている、気筒休止システム「シリンダーオンデマンド(cod)」を装備しているようです。

そのほか、デジタル化されるコックピットや、アップルCarPlayも期待出来そうです。

世界公開は早ければ2016年3月、遅れれば9月のパリモーターショーになりそうです。

(APOLLO)

5D2_22075D2_22095D2_22125D2_22135D2_22175D2_2197

アウディ、A3改良モデルを9月投入か!?(http://clicccar.com/2016/02/09/352392/)