2月4日、東京お台場のメガウェブでトヨタの今期モータースポーツ活動発表会『2016 TOYOTA GAZOO Racing プレスカンファレンス』が開催されました。

カンファレンスではWEC(世界耐久選手権)、SUPER GT、全日本スーパーフォーミュラ選手権、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、NASCAR、ダカールラリー、全日本ラリー選手権、スーパー耐久についての体制、そして2017年からヤリス(ヴィッツ)で復帰するWRC(世界ラリー選手権)についての報告が行われました。

2Y9A9951

そのなかで、とくに注目を集めていたのが3月から車両テストが開始される予定で元WRCチャンピオン、トミ・マキネン氏(写真)をチーム代表に招き参戦準備を進めているWRCについての活動報告です。

2Y9A9913

トミ・マキネン氏は会場に駆けつけ、WRC活動に関わっているトヨタ専務役員・嵯峨宏英氏、TMG(トヨタ・モータースポーツ)社長・佐藤俊男氏とともにトークショーを行いました。

18年振りの参戦となるWRCについて

「トヨタがWRC参戦車両をマキネン氏に丸投げしているのではないかと一部で言われているが、そうではない。かつてチャンピオンを獲得したトヨタが復帰するなら勝つためのチーム作りをしなければならない。そのためにはTMGとマキネン氏が必要だった」

とトークショーの前に豊田章男トヨタ社長のメッセージが読み上げられました。

2Y9A9923

このメッセージを受けてTMG佐藤社長(写真人物右)は

「今回、TMGはエンジンを担当しますが、開発メンバーはF1などで開発力を磨いてきました。その技術とマキネン氏のクルマ作りと融合させて、戦闘力の高いエンジンを作っていきたい」

と参戦に対しての力強い抱負を述べました。

2Y9A9933

またチーム代表のマキネン氏(写真人物中央)は

「(WRCで)成功するために志が高いメンバーを集めることが重要。現在はそんなチーム作りと進めていて、それが勝てるチームになっていくのです」

とコメント。

2Y9A9939

続いてWRCチーム副代表でもある嵯峨専務は

「復帰してもすぐに勝てるかどうかはわかりませんが、私たちは勝つために参戦します。勝つことでトヨタがWRCにかける思いを示したい、やるからには日本を背負って頑張りたい」

とトヨタとしての強い思いを語っています。

2Y9A0246

今回のカンファレンスで、WRC復帰プロジェクトは元々はTMG社員による有志活動から広がっていったプロジェクトだということが発表されました。

参戦は2017年からになりますが、トヨタがWRCでどんな闘いを見せるのか楽しみですね。

(テヅカ・ツヨシ)

【2016 TOYOTA GAZOO Racing】トミ=マキネン・チーム監督がWRCで勝つために必要な“志”を語る(http://clicccar.com/2016/02/09/352833/)