9日、韓国軍が韓国南部の海域で回収した北朝鮮のミサイルの一部とみられる物体を公開したが、韓国のネットユーザーからは落胆や失望のコメントが数多く寄せられている。資料写真。

写真拡大

2016年2月9日、韓国軍のイージス艦が韓国南部の海域で回収した北朝鮮のミサイルの一部とみられる物体を報道陣に公開した。

韓国・イーデイリーなどによると、この物体は北朝鮮がミサイルを発射した7日午前に韓国海軍が発見し、同日午後、済州島の南西沖で回収した物。大気圏内を高速で飛行する際に生まれる圧力と熱から飛行体を守る「フェアリング」と呼ばれる先端のカバー部分とみられる。フェアリングは飛行体が宇宙空間に到達すれば不要となるため、分離・落下する仕組みだ。韓国軍によると、回収したフェアリングは直径125センチ、長さ195センチのアルミ製で、外側には断熱用のコーティングが施されているという。

韓国では今回の北朝鮮のミサイルについて、韓国の技術より先んじているとの受け止め方が強まっており、この「落ちた物を拾っただけ」とも言える軍の対応には、ネットユーザーが落胆や失望の声を寄せている。

「落とし物を拾って分析したところで何になる?」
「認めるべきことは認めよう。韓国よりもミサイル分野では一段上だ」
「韓国よ、せいぜいこれを見て学びなさい。あれだけの税金をどこに使ったら、北朝鮮に遅れを取るのやら」

「回収はいいから、撃墜できる技術を」
「韓国でも作るべきだ。米国がいつまでも守ってくれると思ったら間違い。今からでも自力を鍛えないと」
「僕の税金が、こんな物を拾うために使われていることに怒りを覚える」
「がらくたの回収のために、1兆ウォン(約950億円)もかけてイージス艦を造ったの?」

「殻だけ拾ってどうする?骨董(こっとう)屋にでも売ろうって?」
「韓国政府は恥を感じてほしい。北朝鮮がこんなに発展しているのに、今まで何をしてたんだ?」
「北朝鮮軍が核とミサイル技術を高める間に、韓国軍は拡声器の技術を高めている」(翻訳・編集/吉金)