写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2月9日、昨年秋に募集していた「革新的衛星技術実証1号機」に搭載する実証テーマの選定結果を発表した。選ばれたテーマは、小型衛星への搭載機器や超小型衛星などとして開発され、2017年度に「イプシロン」ロケットで打ち上げられる予定となっている。

革新的衛星技術実証プログラムは、イプシロン・ロケットの打ち上げ機会やH-IIAロケットの余剰能力を活かして小型衛星や超小型衛星を打ち上げることで、民間企業や大学などが開発する革新的な技術や部品の軌道上実証を適時かつ安価に実施することを目的としたもの。

人工衛星に使われている宇宙用部品の安定供給は、国内の宇宙利用を進めるプロジェクトを支える産業や科学技術の基盤として重要な課題となっており、政府が定めた宇宙基本計画でも「宇宙システムの基幹的部品等の安定供給に向けた環境整備」の実施が掲げられている。

このプログラムはその一環として実施されており、宇宙分野を支える技術基盤・産業基盤の持続的な維持や発展、衛星産業の国際競争力の獲得・強化や、新規の民間企業などの参入による宇宙利用拡大、またチャレンジングかつハイリスクな衛星技術・ミッションの開発・実証機会を確保することなどが目指されている。

第1回となるテーマは昨年10月から11月にかけて募集が行われ、応募のあった32テーマの中から、

・ミッションの意義・価値(衛星技術/競争力向上、イノベーション創出、宇宙産業活性化に資する可能性等)
・技術的実現性(インタフェース要求、安全要求等への適合性、開発実現性等)

の2つの観点で、革新的なFPGAや低毒・低コストな衛星用スラスター、高性能な地球観測機器、展開式の構造物の試験や実証など、計12テーマが選定された。

JAXAは今後、打ち上げに向けて、必要な取決めの締結、技術調整、安全審査などの準備を進めていくとしている。また今後の設計を進める中で搭載リソースの余剰が確保できた場合には、実証テーマを追加する可能性もあるという。

打ち上げは2017年度に、イプシロン・ロケットで行われる予定となっている。

参考
・Pick Up:研究開発部門
・革新的衛星技術実証及び超小型衛星の打上げ・放出機会提供|JAXA新事業促進部
・革新的衛星技術実証|革新的衛星技術実証及び小型・超小型衛星の打上げ・放出機会提供|JAXA新事業促進部
・革新的衛星技術実証グループ:研究開発部門

(鳥嶋真也)