斎藤工の将来は、脱セクシーか消滅か?“原点”の医者役に期待!
 2014年放送のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち』(フジ系)で一気にブレークした、俳優・斎藤工。

「抱かれたい男No.1」として、裸、壁ドン、小嶋陽菜との“妄想ストーリー”を撮影(2月3日発売『anan』の企画にて)etc…女性たちを楽しませてくれています。

◆斎藤工の白衣姿再び

 そんな斎藤が、ブレーク前にとある医療ドラマに出演していたのをご存知でしょうか。

 それが、2011年1月クールに放送された『最上の命医』(テレビ東京系)。

 患者を救うためならリスクも顧みない天才小児外科医、西條命を演じた本作が、斎藤のゴールデン連ドラ単独初主演作です。

 そして2月10日(水)、ドラマスペシャル『最上の命医2016』(後9・00)として、命先生が5年ぶりに復活。

 前作が終わった後も、続編を希望する視聴者から番組掲示板に書き込みがあり、斎藤本人も「放送終了後も番組HPの掲示板にメッセージがずっと書き込まれ続けていて、自分が苦しいときに見るようにしていました。掲示板に思いをつづってくれた方たちに、やっとお礼ができる素敵な機会をいただきました」と思いを語っています。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=453638

 今作は真面目な医療ドラマとわかっていながらも、予告編にチラりと映った裸に思わずガッツポーズしちゃった、なんて人もいるかもしれませんね。

◆脱セクシーか、フェードアウトか

 自身の人気について本人は、「マスコミが作り上げた虚像」(2016年1月10日OA『行列のできる法律相談所』にて発言)と、かなり達観しています。

「僕の“昼顔バブル”みたいなものも、もう終焉に向かっているので(笑い)」(2015年6月23日発売、日刊SPA!より)、「5年後は間違いなく消えていると思う(爆笑)」(’16年2月4日付、日刊スポーツより)という本人の予想が当たるのか。

 それとも今作や、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(日テレ系)のような別路線の役が当たるのか、今後も動向を見守りたいと思います。

●ドラマスペシャル『最上の命医2016』
2月10日(水)後9・00〜11・08、テレビ東京系にて放送。
http://www.tv-tokyo.co.jp/meii2016/

<TEXT/女子SPA!編集部>