痛みも少なく、除毛後の肌をやさしくお手入れ

写真拡大

フィリップス エレクトロニクス ジャパン(東京都港区)は、光美容器「ルメア」から、「ルメア プレステージ SC2009/70」「ルメア アドバンスSC1999/70」2機種を2016年2月上旬に、「ルメア エッセンシャル SC1984/70」を2月中旬に、全国の家電量販店などで順次発売する。

いずれも自宅で除毛後の肌の手入れができ、照射時の痛みも少なく、滑らかな肌を維持できるという。肌や毛の色、敏感さに合わせて出力を5段階に調整可能。ランプの耐久性が向上し、「ルメア プレステージ」「ルメア アドバンス」は約25万回、「ルメア エッセンシャル」は約20万回の照射が可能。

「ルメア プレステージ」は「ボディ用」「顔用」「ビキニエリア用」3つのアタッチメントが付属。全身の隅々まで届きやすい充電式のコードレス設計。

「ルメア アドバンス」は電池切れの心配がない交流式で、「ボディ用」「顔用」「ビキニエリア用」3つのアタッチメント付き、「ボディ用」アタッチメントのみの2種を用意する。

「ルメア エッセンシャル」は重さ約206グラムの扱い易いコンパクトボディで、初心者に適したモデル。体や顔、ビキニエリアにも使用できる。照射ボタンを押したまま肌を滑らせるだけの「連続フラッシュ機能」でスムーズなケアが可能だ。

価格はいずれもオープン。