中央気象局提供

写真拡大

(台北 9日 中央社)9日午前8時47分ごろ、東部・花蓮で震度4(台湾基準)の地震があった。中央気象局によると、震源地は同地の近海で、深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.1と推定される。

近隣の宜蘭や南投で震度2、西部の台中、彰化、嘉義などでも震度1の揺れを観測した。

これまでに目立った被害が確認されていないが、交通部(交通省)公路総局の関係者は、地震の影響で「岩盤が不安定な状態にある」とし、必要がなければ花蓮の山間部に入らないよう呼びかけている。

(編集:羅友辰)