9日、電車内のマナーを重視する人が増えている中、中国では電車内でのトラブルが数多く伝えられている。このほど香港の電車内で、ベビーカーに乗った泣きじゃくる幼児を怒鳴りつける男性が現れ、物議を醸している。

写真拡大

2016年2月9日、電車内のマナーを重視する人が増えている中、中国では電車内でのトラブルが数多く伝えられている。このほど香港の電車内で、ベビーカーに乗った泣きじゃくる幼児を怒鳴りつける男性が現れ、物議を醸している。観察者網が伝えた。

香港メディアの報道によると今月4日、幼児は大きな声で10分間ほど泣き続けていた。母親はあやしていたが泣きやまず、男性が近づき「黙れ!黙れ!聞こえないのか!」とベビーカーを強くゆすりながら、幼児に向かって叫んだ。驚いた幼児は余計に泣きじゃくり、抗議する母親に対し男性は、「他の人の迷惑になっているのが分からないのか?」と反論。さらに、「(あやしても)泣きやまないなら下車すればいい。どんな教育をしているんだ?ここが(中国)本土だと思っているのか?」とまくし立てた。

これに対し香港のネットユーザーからは、「いい大人が幼児に向かって怒鳴るなんてやりすぎ」と男性の行動を批判する声が多く寄せられた。「子どもが泣きやまないなら母親はすぐに下車するべきだった」と母親の落ち度を指摘する意見もあった。このほか、少数ではあるが、「泣きやまない幼児を見て勇敢に声を挙げた」として男性を支持する声も聞かれた。(翻訳・編集/内山)