8日、昨年の韓国の観光収支の赤字額が過去8年で最大を記録したとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真はソウル。

写真拡大

2016年2月8日、韓国・聯合ニュースなどによると、昨年の韓国の観光収支の赤字額が過去8年で最大を記録した。中東呼吸器症候群(MERS)の流行で訪韓外国人が減る一方、海外での韓国人の支出が増加したためだ。

【その他の写真】

昨年、海外旅行に出掛けた韓国人は前年より20.1%増加し1931万人、海外で使用した金額は212億7000万ドル(約2兆4600億円)となり、初めて200億ドルを超えた。一方、昨年まで毎年増加傾向にあった訪韓外国人は、MERSの流行や日本の円安などが影響し前年より6.8%減少した。また観光収入も前年より14.3%減少、151億7000万ドル(約1兆7500億円)となった。

これに伴い、これまで減少傾向にあった観光収支の赤字額は前年より一気に3倍以上増え60億ドルを突破、8年ぶりの最大額を記録した。業界では、航空料金の低価格化により海外に出掛ける韓国人が今後も増加する一方、中国人観光客のリピート率が2割ほどにとどまっていることなどから、今年もこうした状況は続くとみている。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「まだMERSのせいにするのか。頼むから、ぼったくりの取り締まりと観光プログラムの開発をちゃんとやってくれ」
「ぼったくりのせいで、国内旅行をしなくなったよ。外国人はなおさら来ないだろうね」
「中国人観光客の誘致が必要だと言うなら、メディアも不必要に反中感情をあおる報道はやめるべき」

「日本は韓国とそれほど違わない国だと思っていたけど、一度行ってみたら、あらゆる面で感嘆したよ」
「世界のどこに行っても、観光客は多少はぼられるもの。それより韓国の根本的な問題は、見どころがないことだ。韓国固有の通りや建物をみんな現代的に変えてしまったら、わざわざ来たいと思わないよ」

「目先のことし考えない商売人とタクシー運転手が問題」
「韓国には、日本や中国と比べて見るべき物が全然ないね」
「国内は何でも高いから仕方ない。僕も海外に行ったら生活必需品を買うのに忙しいよ」
「明洞(ソウルの繁華街)にいる外国人たちを見ていると、いったい何をしに来たのかと思う」(翻訳・編集/吉金)