8日、日本メディアによると、北朝鮮が7日に長距離ミサイルを発射したことを受け、安倍晋三首相は8日、日本独自の制裁措置を科す方針を固めた。この報道に、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月8日、日本メディアによると、北朝鮮が7日に長距離ミサイルを発射したことを受け、安倍晋三首相は8日、日本独自の制裁措置を科す方針を固めた。この報道に、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

北朝鮮は7日、「衛星の打ち上げ」と称して長距離弾道ミサイルを発射した。菅義偉官房長官は8日の記者会見で、安倍首相が同日の政府・与党連絡会議で、日本政府独自の制裁措置を講じる方針を固めたと表明し、制裁措置に向けて速やかに進めていくと述べたことを明らかにした。また、中谷元・防衛相は同日の別の記者会見で、北朝鮮が発射したミサイルについて分析を進めていると述べ、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの開発がさらに進む可能性があるとの見解を示した。

日本のニュースを扱う英語のニュースサイトでも報じられたこのニュースに、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

「米国が許可しなければ、日本は北朝鮮に制裁を科さないだろう。そうだとしたら、意味がない。日本から北朝鮮には毎日、どれくらいのお金が送られているのだろう?」

「なんておかしな話だ。世界中で毎日のように技術向上のために衛星が打ち上げられているというのに、北朝鮮がたった1基の衛星を打ち上げたことは強く非難されている」

「日本が制裁を強化できるとは思わなかったな」

「日本も米国も、北朝鮮のミサイル発射を事前に阻止することはできなかった。なんてかっこ悪いんだ!」

「状況はどんどん悪くなっているようだな…。どちら側も相手が何を求めているかを考慮すべきだ」(翻訳・編集/蘆田)